2016年7月18日 更新

浪費癖がある人の心理や特徴9つ

浪費癖がある人の心理や特徴についてご紹介していきます。

493 view お気に入り 0

浪費癖がある人の心理や特徴

浪費癖がある人の心理や特徴1 現在の自分を楽しんでしまう人

大まかに今が良ければそれで良いと言うタイプです。

普通の人の考える今ではなく、今のその瞬間を楽しめれば良いのです。

家に帰ると、買った物など見向きもせず、放置したままゴミ箱行きかも知れません。

単純に言えば、後先を考えずお金の浪費なんて二の次に考えています。

将来の事も何もかも考えず、その時の買い物している自分が楽しければ良いと感じています。

これは、自分では気付かない状況なので、心理的な感情に入ります。

とにかく今が良ければそれで良いの考えが先に来てしまうので、浪費癖となり、お金を消費します。

浪費癖がある人の心理や特徴2 お金を使う事がストレス発散になっている

買い物する事でも良いのですが、浪費がストレス発散方法になっているタイプです。

浪費癖のある人の特徴として、ストレスを溜めやすいのも原因です。

しかし、最も悪いのはストレスを発散する方法がお金を使う事であり、浪費する事です。

ストレスが溜まったら、パーッと美味しい物とかショッピングで買い物してしまおうのタイプはまずい傾向です。

お金をストレスの発散方法にしている人は大体の人が浪費癖が付いていると言われています。

ここが大きな分かれ目で、ストレスが溜まらなければお金を使わない事です。

ストレスが溜まれば皆お金を使うだろうと思っているために、一番厄介なタイプとも言えます。

浪費癖がある人の心理や特徴3 皆が持っている物は自分も持っていて当たり前だと思う人

流行の品でも何でも良いです。

皆が持っているなら、自分は最優先で持っているべきだろうと考える人は浪費癖があります。

皆と言っても、それが周囲の人間にまで入ったら浪費に際限が無くなります。

最悪の場合、一般人の持っている物を全て買い込み、テレビで持っている姿を見たら即効で買います。

お金は幾らあっても、浪費癖タイプには足らない様になっています。

どこかでブレーキを掛けないと当然の様に消費するので、とても危険です。

誰もが持っていても、それを我慢できるかどうかも重要でそこが浪費癖回避に繋がります。

浪費癖がある人の心理や特徴4 自分に甘く先の事を考えない

浪費癖のある人は、大体において自分に甘い性格です。

我慢をする事は全くせずにやりたい事はやらないと気が済まない人なのです。

お金に余裕が無くても美味しい物が食べたいと思えば迷わずに料理店に足を運びます。

今月使える金額がもうわずかだとしても、欲しい物があれば買ってしまいます。

その場の快楽を最優先して明日の事すら考えないのが浪費癖のある人の特徴なのです。

今が楽しい事が最優先で将来の事は後回し。

今は考えなくても後でどうにかなる。

そんな将来の見通しが甘く、いざとなったら誰かが何とかすると考えているのが特徴です。

浪費癖がある人の心理や特徴5 形に残らないお金の使い方をする

浪費癖のある人は、形に残る物を買うよりも旅行や飲食代などの娯楽に使う傾向があります。

ちょっとでも収入があると、高いレストランに行ったりカラオケや旅行などに使ってしまいます。

また、女性ですと不必要なタイミングでのエステやネイルアート、占いなどにお金を使います。

男性ですとギャンブルや飲み屋で大勢の人に奢ってしまう事があります。

浪費癖する人の特徴は、男女問わずに形に残らないお金の使い方をする事です。

なので浪費癖のある人の家には意外と物が無い場合が多いのです。

物が無いから浪費している実感も見えないので理解出来ないのです。

浪費癖がある人の心理や特徴6 お金を使う事によってストレス発散

浪費癖のある人は、目的があってお金を使う事ばかりではありません。

欲しい物があったり娯楽にお金を使うのが目的では無いのです。

お金を使う事自体が気持ちよいと感じる人もいるのです。

心にストレスを抱えている人に多く見られる浪費癖の特徴がこのパターンなのです。

お金をパーッと使う事によって気分がすっきりとしてストレス発散になるのです。

なので買った物も、必要の無い物の場合がほとんどで新品のまま放置する事が多くあります。

しかし、お金を使ってのストレス発散はすぐに効果を失います。

そしてまた浪費をしてしまうのです。

浪費癖がある人の心理や特徴7 買い物をする時の値段を気にしない

浪費癖のある人は、買い物をするときに商品の値段を見ないで購入してしまう傾向があります。

食品を購入するときも、値段を見ずに好きなものをどんどん買ったり、趣味などにお金を使うときも、予算を立てずに、購入してしまいます。

よって、金銭の自己処理がうまくできず、貯金もできず、給料日前まで無一文になってしまうことも多々あります。

お金はあるだけ使ってよいという感覚が身についてしまうと、必要のないものまでお金を使ってしまい、自己管理ができなくなってしまいます。

金銭感覚のだらしない人が多く該当します。
21 件
スポンサーリンク


関連する記事 こんな記事も人気です♪

浪費家の特徴と浪費家が貯金する方法12選

浪費家の特徴と浪費家が貯金する方法12選

浪費家の特徴と浪費家が貯金する方法についてご紹介していきます。
J4U | 186 view
浪費癖の治し方9つ

浪費癖の治し方9つ

浪費癖の治し方についてご紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

prismagicwonderland prismagicwonderland
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事