2016年12月13日 更新

気が合う人の特徴と気が合う人がいないときの対処法12選

気が合う人の特徴と気が合う人がいないときの対処法についてご紹介していきます。

369 view お気に入り 0

気が合う

【目次】
・気が合う人の特徴
・「気が合うな」と感じる時
・気が合う人がいないときの対処法

気が合う人の特徴

感性が似ていて感情がシンクロする

たとえば、観光地で同じ景色をいっしょに見た時、ひとりが「きれい!」と感激しているのに、もう一人は感動するどころか「つまらない」と感じたとしましょう。

このケースでは、「二人はまったく気が合わない」ということになります。

気が合う人のもっとも大きな特徴は、同じ景色を見た時、同じような感情を抱くことができるということなのです。

よく「あの人とは笑いのツボがいっしょ」という言い方をするでしょう。

テレビのバラエティ番組などを見ている時や、いっしょに映画を見ているときなどに、同じタイミングで笑うケースです。

このように、同じタイミングで笑ったり、ある出来事に対して同じように怒りや悲しみを感じることができる人が、つまり「気が合う人」ということになります。

感性が似ていて、しばしば感情がシンクロするというのが、気が合う人の最大の特徴と言えるでしょう。

二人だけでいて沈黙が続いてもまったく気にならない

よく「つきあいは短くないのに、あの人と二人だけでいると、なんだか気が詰まる」ということがあります。

三人以上でいる時にはあまり気にならなくても、その人と二人になると、妙に緊張した堅苦しい気分になってしまうケースです。

こうした相手は、気が合う人とは対極にある存在と考えていいでしょう。

逆に、付き合い始めてまだそんなに時間はたっていないのに、二人きりでいても相手の存在が気にならないというケースもあります。

こうした人がつまり「気が合う人」なのです。

ポイントは、「二人でいるときの沈黙が気になるかどうか」。

気の合う人とは、会話が途切れ、二人で沈黙していても、その沈黙に耐えられないということはありません。

黙っていても、相手によけいな気づかいをする必要がないのが、気の合う人の特徴なのです。

「波長が合う」という表現をしますが、気の合う人は波長が合うために、黙っていてもそれが気にならないと考えていいでしょう。
スポンサーリンク


金銭感覚と食事の好みが似ている

二人の人間の価値観がすべて一致するということはありえません。

どんなに愛し合っているカップルでも、何十年も連れ添ってきた円満な夫婦でも、何かしら、違う価値観を持っているものです。

気が合う人も同じで、何から何まで価値観が一致するのが気の合う人ということではありません。

ただし、ポイントが二つあります。

それは「金銭感覚」と「食事の好み」。

この二つが一致しているのが、気の合う人の条件であり、特徴と言っていいでしょう。

金銭感覚がぜんぜんちがう人とは、他の価値観が一致しても、真に気の合う関係にはなれません。

また、食事の好みがまったく合わなければ、いっしょに楽しく食事をすることが難しくなりますから、気の合う関係にはなりにくいのです。

逆に、この二つのポイントが一致していれば、他の価値観がずれていても、気の合う関係になれると考えていいでしょう。

共通の話題が多く、自然に会話が弾む

沈黙が気にならないのが気の合う人の特徴の一つですが、「二人でいると自然に会話が弾む」という特徴もあります。

「共通の話題はほとんどなく、コミュニケーションをとる機会が少ないけど、気が合う」というケースは、ゼロとは言えなくてもかなりのレアケースと言っていいでしょう。

「彼とは気が合う」と言う場合、そこには「いっしょに話をしていると楽しい」という要素が含まれるのが一般的なはずです。

いっしょの趣味を持っているとか、興味のあるジャンルが似ているとか、好きな有名人が同じとか、共通の話題がいくつもあって自然に話が盛り上がるのが、気の合う人の特徴なのです。

もちろん、おしゃべりな人もいれば、無口な人もいます。

しかし、どちらかが無口なタイプでも、共通の話題で楽しくコミュニケーションをとることができるのが、気の合う人と言うことになるでしょう。

「気が合うな」と感じる時

同時に連絡を取ろうとした時

相手に電話をしようとしてスマホを手にした瞬間に、その相手から電話がかかってきてビックリした。

相手にメールを書いている途中、その相手からメールが来て驚いた。

なんていう経験はありませんか?

久し振りに連絡を取る人ならなおさらですが、頻繁に連絡をとっている人であってもそのタイミングに驚かされるでしょう。

そんな時、驚くのと同時に、「今、連絡しようと思ったの!」なんてテンションも上がり、「気が合うなぁ」と実感しますよね。

連絡をするという行為は、相手を思う気持ちから動き出すということが多いので、そのタイミングが同時だったのであれば嬉しくなるのも当然です。

連絡を取ろうとしている瞬間は、お互い同時に相手のことを考えているわけですから。

そんなことが一度だけでなく何度かあれば、さらに「気が合う」と実感することでしょう。
32 件
スポンサーリンク


関連する記事 こんな記事も人気です♪

誰にも会いたくない時の心理と対処法16選

誰にも会いたくない時の心理と対処法16選

誰にも会いたくない時の心理と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 505 view
貫禄のある人の特徴と貫禄をつける方法16選

貫禄のある人の特徴と貫禄をつける方法16選

貫禄のある人の特徴と貫禄をつける方法についてご紹介していきます。
J4U | 1,052 view
自分の心を開く方法と人の心を開く方法

自分の心を開く方法と人の心を開く方法

自分の心を開く方法と人の心を開く方法についてご紹介していきます。
J4U | 896 view
心を閉ざす人の特徴・心理・恋愛と心を閉ざす方法

心を閉ざす人の特徴・心理・恋愛と心を閉ざす方法

心を閉ざす人の特徴・心理・恋愛と心を閉ざす方法についてご紹介していきます。
J4U | 1,732 view
人のせいにする人の心理や人のせいにする人への対処法や治す方法

人のせいにする人の心理や人のせいにする人への対処法や治す方法

人のせいにする人の心理や人のせいにする人への対処法や治す方法についてご紹介していきます。
J4U | 905 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事