2016年10月16日 更新

子供を捨てたいと思う人の心理的特徴

子供を捨てたいと思う人の心理的特徴についてご紹介していきます。

250 view お気に入り 0

子供を捨てたいと思う人の心理的特徴

精神的に未熟で身勝手である

現代社会において、育児放棄や虐待は切り捨てられない問題と言えます。

多くの親は、自分のお腹を痛めて生んだ子供を捨てるなどという気持ちを理解することは難しく、テレビの悲惨なニュースを見ては胸を痛めるものです。

では一体、なぜ現実に子供を捨てる親がいるのでしょうか。

それは、その親が精神的に大変未熟であることが原因と思われます。

育児放棄をしたり、虐待をしたり、その果てに実際子供を捨ててしまう親は、子供をみていないときには何をやっているかといえば、パチンコをやっていたり、恋人と会っていたりと、到底、人並みの道徳観のある人では考えられないようなことをしています。

それはつまり、子育てというやらねばならないことがあるにも関わらず、自分の欲求を抑えられない幼い精神状態だと言うことです。

虐待やネグレクトを自分も受けてきた過去がある

子育てをせずに自分のやりたいことを優先してしまうと言う幼さは、一概には本人だけのせいにできない真実があるようです。

実は、虐待やネグレクトの果てに子供を捨ててしまう親というのは、自分が子供の頃に自分の親から同じような仕打ちにあっていることが多いのです。

愛されなかった過去はその人の後の人格形成をもろに左右すると言われています。

愛されないこと、見向きもされないこと、放置されることが当然の環境で育った子供が親になったら、同じことを自らの子供にしてしまいます。

それは、自分がそうされたので、そうすることが当たり前のようになっているからです。

もちろん、自分が愛されなかった分、子供を愛してあげようと人一倍育児にエネルギーを注げる人もいます。

ですから、子供を捨てる親が被害者であると言い切ることもできない根深い問題と言えます。
スポンサーリンク


子供をちゃんと愛せないことに自己嫌悪感がある

では、実際子供を虐待したり、捨ててしまう親の心情はただの鬼畜のようなものなのでしょうか。

実は、そういった加害者と言える親達は、実は虐待やネグレクトをすることに自己嫌悪感を抱くと言われています。

後から強い後悔の念や、自己嫌悪に襲われるにも関わらず繰り返してしまう。

ドメスティックバイオレンスをする人の心理と酷似しています。

そういった類の人たちは、常に精神状態が不安定なので、何かに依存をする傾向も強く見られます。

自己肯定力もとても低いので、とにかくつらいことや嫌なことから目をそむけられること、例えばパチンコやお酒や異性などに逃げる傾向があるのです。

そうして逃げていてもいざ現実に返ってくると、つらさや苦しみはそのままそこにあるため、また同じように繰り返しをしてしまうと言う悪循環になるわけです。

周囲と関わりを持とうとしない

虐待をする心が傷ついている親の共通点として、周囲の人とできるだけ関わりを持とうとしないと言う傾向もあります。

これは、常にうしろめたさがあることから、周囲の人に虐待やネグレクトがばれてしまうのではないかと必要以上に懸念していることなどが考えられます。

また、児童相談所などに通報されることを恐れ、できる限り人前では子供にひどく当たらないようにすることが考えられます。

実際、普段はとても穏やかそうに見える外見的には優し気な母親が実は虐待をしていた、なんていうケースは割合多いようです。

子供への仕打ちはとにかく家の中で誰にも知られることなく行われます。

子供が小さいにも関わらず、地域の行事などに不参加な家庭などは、少し虐待などを疑っても良いでしょう。

周囲と関わりを持とうとしない親は怪しい可能性が高いと言えます。

子供が欲しいと思っていない

子供を捨てたいと思う人の心理には、元々子供が欲しかったわけではないというのがあります。

ちゃんと避妊していなかったから子供が出来てしまった場合、両親どちらも子供を捨てたいと思うようになるのです。

そもそも遊びで付き合っていたからこそ、親になる気は女性と男性どちらにもないというわけなのです。

望んで産んだわけではないから、捨てるというのは子供の側からしてみれば、勝手極まりない行為です。

産んでおきながら欲しかったわけじゃない、ですがこうした人は昨今増えてきています。

特に十代後半や二十代前半という若い年齢で、子供を生むことになってしまった人に多いです。

まだまだ遊び足りない年齢であるがゆえに子供なんていらないのにと思ってしまうのです。

そうした事情から、子供を捨てたいという気持ちが湧いてくるのです。

プライベートな時間を持ちたい

子供を捨てたいと思う人は、プライベートな時間を持ちたいという心理状態に陥っている可能性が高いです。

子供の育児に付きっ切りで、なかなか自分の時間を持つことが出来ず、それが段々と苦痛になってくるのです。

こうした人は周囲に子育てを手伝ってくれる協力者がいない場合が多いです。

例えば夫は母親が育児をするものだという考えを持っていたり、あるいは父親のいないシングルマザーだったりなどといったことです。

特にシングルマザーの場合、子育てだけではなく、生活費を稼ぐために仕事に追われる生活を送らなければなりません。

子育てと仕事、両方に追われプライベートな時間を持てない、それが子供を捨てたいと思う理由なのです。

つまり自分の時間を持てないことに心身ともに追い詰められているがゆえに、子供を捨てたいという極端な発想に至るのです。

単純に子供が嫌いである

30 件


関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供・大人が駄々をこねる心理と対処法16選

子供・大人が駄々をこねる心理と対処法16選

子供・大人が駄々をこねる心理と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 2,147 view
同じ言葉を繰り返す人の心理6選

同じ言葉を繰り返す人の心理6選

同じ言葉を繰り返す人の心理についてご紹介していきます。
J4U | 501 view
【好きな人をからかう心理とは?】男性が女性をからかう心理とからかう人への対処法

【好きな人をからかう心理とは?】男性が女性をからかう心理とからかう人への対処法

【好きな人をからかう心理とは?】男性が女性をからかう心理とからかう人への対処法についてご紹介していきます。
J4U | 2,067 view
貧乏揺すりをする心理と効果

貧乏揺すりをする心理と効果

貧乏揺すりをする心理と効果についてご紹介していきます。
J4U | 253 view
ため息をつく人の心理・理由・原因とため息の効果や効能

ため息をつく人の心理・理由・原因とため息の効果や効能

ため息をつく人の心理・理由・原因とため息の効果や効能についてご紹介していきます。
J4U | 569 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事