2016年7月23日 更新

妻が妊娠したときのサポート9つ

妻が妊娠したときのサポートについてご紹介していきます。

180 view お気に入り 0

妻が妊娠したときのサポート

妻が妊娠したときのサポート1 デリケートな妊娠初期のサポート

妊娠が判明してからの、妊娠初期の2〜4ヶ月の間はデリケートで非常に大事な時期です。

特に突然の妊娠の場合は、妊娠について色々調べ始めるでしょう。

お酒や生肉・タバコなどをやめ、これからの生活や流産への不安など、考えることがたくさんです。

妻からママへと変わらないといけない事実や、生活がガラッと変わるため少しパニック状態になるのですね。

それに加え、つわりが始まりひどい場合は入院することもありえます。

夫ができることは、しっかり話しを聞き、体を労ってあげることです。

夫の協力がなければ、妊娠出産はとても難しいものです。

そして、イライラや不安の原因はホルモンバランスの変化の影響もあるので、ママを優しく見守ってあげましょう。

率先して家事を手伝い、妊娠出産は夫婦二人で喜び乗り越えようという気持ちで接してあげましょう。

妻が妊娠したときのサポート2 二人の時間も大切にしたい妊娠中期のサポート

妊娠中期になると、つわりも治まり妊娠にだいぶ慣れてきます。

病院でエコー写真を見て、ママとしての自覚が増してくる時期でもあります。

加えてお腹も目立ちはじめ、早い人では胎動も感じるようになるでしょう。

仕事をしているママは、今まで通りの家事に加えママになる準備で以外とやることは多いです。

その場合はしっかり家事をサポートし、決して無理をさせないようにしてあげましょう。

仕事をしていないママは、日中暇なことが多いです。

今まで通りに、趣味や友人と遊ぶこともなかなか気をつかいます。

無理ができないので色々と制限されるからですね。

土日など、気晴らしに連れて行ってあげるのがおすすめです。

一緒にマタニティ服や、ベビー用品の下見に行くのが良いでしょう。

そして、夫婦二人で過ごす時間も今のうちなので、デートや外食を楽しむことも重要です。

赤ちゃんが生まれてからは出来ないことを、二人でするのが良いでしょう。

妻が妊娠したときのサポート3 ラストスパート!妊娠後期のサポート

妊娠後期になると、お腹も大きくなり里帰りするママも多いですね。

つわりもほとんどの場合ないので、通院と出産準備以外は比較的ゆったり過ごせる時期だと思います。

ただし、お腹が大きくなるので段々動きづらくなります。

妊娠高血圧症や貧血などの妊婦特有の体の異常にも注意が必要です。

妊娠中は体力が落ちます。

少しの無理でもママと赤ちゃんには影響が出ることもありえます。

そして、出産予定日が近づくと初産のママは不安や心配も出てくるでしょう。

医療が発達したとはいえ、命がけで産むわけですから不安も当然です。

また、お腹の子供の異常についても敏感になります。

夫はできるだけ通院に付き添ってあげるか、話しをしっかり聞いてあげましょう。

二人三脚で出産に挑む気持ちで、奥さんを大事にしてあげてください。

いつも奥さんの見方でいることと、赤ちゃんを楽しみにしていることなどを伝えてあげると良いですね。

出産までに、保険やもらえる手当などリサーチし、やることを妻と共有することも大事です。

どうしていいか分からない場合は、やってほしいことを聞くことも一つの方法です。

奥さんが安心して出産に挑めるように、コミュニケーションをとり、出産までしっかりサポートしてあげましょう。

妻が妊娠したときのサポート4 病院には一緒に付き添ってあげる

定期的に通っている病院へ付いていってあげているでしょうか。

仕事があるときには仕方がありませんが、なるべく一緒に行って先生の話しを一緒に聞くようにしてください。

妊娠期間中ダイレクトに身体の変化を感じている妻だけではなく、エコー検診などで目で見て確かめながら子どもの成長を見守ることができますから「二人で育んでいく」という気持ちが強くなって妻も非常に心強くなります。

病院によって男性が立ち入り不可だったり付き添いできる日などが設定されていますが、お父さんとしての自覚も大きくなりますから、暖かくて優しい時間を可能な限り共有しましょう。

妻が妊娠したときのサポート5 家事は少しずつできることを手伝う

ちょっとした動作でも苦しくなる時がある妊娠期間中、家事が疎かになってしまうことも少なくありません。

そんなときに妻を責めるようなことを言うのは厳禁です。

妻だってサボりたくてサボっているのではありませんし、命をもう一つ預かっている体というのは思うようにならない場面がたくさんあります。

ですから家にいる間、できる家事を可能な限り協力するようにしましょう。

腰を曲げたり身体を伸ばす動作が辛くなる洗濯や、大仕事になるお風呂掃除、食べ物のニオイを嗅ぐだけでも気分が悪くなる時は料理など、簡単なことからでもやろうという意思を見せれば妻も喜んでくれますよ。

妻が妊娠したときのサポート6 不安定な感情を受け止めてあげる

妊娠期間中はホルモンバランスが通常とは異なりますし、身体の変化に不安になることも多くなります。

怒りっぽくなってちょっとしたことで怒鳴り散らされたり、かと思えばなんでもないことで暗く沈んでしくしく泣いている、なんて情緒不安定なことに陥りやすくなりますが、そんな状態にイライラてしまっても何の解決にもなりません。

優しくしてあげても放っておいてあげても嫌な感情をぶつけられる、ということがあるでしょうが、妻の辛い状況を考えてどうか大目に見てあげてください。

妊娠はお母さんにとってだけではなく、お父さんにとっても試練の時期です。

どんな状況も大らかに受け止めてあげて、ただ傍にいてあげることが充分なサポートになります。

たったそれだけでも充分に嬉しいものです。

妻が妊娠したときのサポート7 家事の負担を減らすようにする

妻が妊娠したときは、体力的なサポートとして家事の負担を減らしてあげるようにするといいでしょう。

つわりが酷いような時は掃除洗濯だけでなくほんの少しの料理も負担になってしまうことがあるので、無理をしなくても良いということを伝えるようにしましょう。

また、できる範囲で家事を手伝ってあげるのも良いです。

料理ができない人であれば、自分で料理を作るのではなく買い物に行って何か食べるものを買ってきてあげるのも立派なサポートになるでしょう。

冷凍商品など、調理せずにすぐに食べられるものを買ってきて保存しておくというのも良い方法になるでしょう。
21 件


関連する記事 こんな記事も人気です♪

妻が妊娠したのに嬉しくない理由9つ

妻が妊娠したのに嬉しくない理由9つ

妻が妊娠したのに嬉しくない理由についてご紹介していきます。
knk4111230-ec | 1,719 view
妻の妊娠中に浮気する夫の理由とその対処法9つ

妻の妊娠中に浮気する夫の理由とその対処法9つ

妻の妊娠中に浮気する夫の理由とその対処法についてご紹介していきます。
knk4111230-ec | 604 view
旦那とうまくいかない妻の特徴と対処法12選

旦那とうまくいかない妻の特徴と対処法12選

旦那とうまくいかない妻の特徴と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 782 view
家に帰りたくない夫・妻の理由と家に帰りたくない時の対処法

家に帰りたくない夫・妻の理由と家に帰りたくない時の対処法

家に帰りたくない夫・妻の理由と家に帰りたくない時の対処法についてご紹介していきます。
J4U | 568 view
恐妻家になる女性の特徴や心理と恐妻家と相性がいい旦那の特徴

恐妻家になる女性の特徴や心理と恐妻家と相性がいい旦那の特徴

恐妻家になる女性の特徴や心理と恐妻家と相性がいい旦那の特徴についてご紹介していきます。
prismagicwonderland | 3,978 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

knk4111230-ec knk4111230-ec
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事