2016年12月2日 更新

疲れが抜けない原因と対処法16選

疲れが抜けない原因と対処法についてご紹介していきます。

314 view お気に入り 0

疲れが抜けない

【目次】
・疲れが抜けない原因
・疲れが抜けないときの対処法

疲れが抜けない原因

睡眠の質が低下してしまっている

疲れを取るために早めに休んでいるのにそれでもだるさが抜けないという場合には、睡眠の質が悪くなってしまっていることが考えられます。

脳と身体が充分な休息を取ることができずにいると、翌日も疲れがそのまま残ってしまうのです。

脳が休めなければ集中力が低下してしまいますし、日中もぼーっとしてしまいます。

精神的なストレスが解消されずにどんどん溜め込まれやすくなってしまうので、気分が晴れない日が続きます。

身体に関しても筋肉の緊張状態が続くようになり、解されないことで痛みを感じるようになるのです。

できるだけ規則正しい生活を心がけて、朝はしっかりと起床して朝日を浴び朝食はしっかりと摂ること、夜は深夜まで起きていないで日付が変わる前にはなるべく布団に入っていること、体内時計が正確に起動するように整えることが大切です。

不快感を覚える肉体的な負担が解消されない

肉体的な疲労といっても、運動をして全身の筋肉を使った後に感じる疲れというのは心地よく感じられますし、多少疲れていても何日かゆっくりしていると自然と回復してくるものです。

しかし、長時間の立ち仕事、デスクワークで同じ姿勢をしっぱなしになるなどの疲労感は、倦怠感として不快感を覚えるようになってしまいます。

どちらも筋肉の凝りから来る疲れではありますが、スポーツをした後のこうした凝りというのは脳にもいい作用をして爽快感を生じるため、快感に感じられるという良いところもあります。

反対に、仕事などで無理に長時間同じ体勢にいる場合などの肉体的疲労はそうした気持ちよさを感じられず、なおかつ疲れたと思っていても長期的に負担を強いられることが多いこととから、いつまで経っても不快感を覚える疲労を感じっぱなしになってしまうのです。
スポンサーリンク


食生活が乱れてしまっている

ファストフードばかり食べている、好きなものばかり食べて食生活が偏ってしまっていると、栄養状態が悪くなってしまいます。

そうなると内臓への負担が大きくなり、疲労を回復するために必要な栄養が不足してしまうことから疲れが抜けにくくなってしまうのです。

鉄分やビタミンB群などが不足すると細胞の活動状態が衰えてしまい、糖質や炭水化物もダイエットなどで制限している方は少なくありませんが、生命活動に必要分まで足りなくなってしまうと代謝が悪くなって疲労が回復しづらくなります。

新陳代謝を高めてなおかつ疲労回復も促してくれるホルモンの分泌にも、やはり食事からの栄養が必須です。

食事を疎かにしていると身体の機能が衰えてしまい、解消されない疲労が溜まりっぱなしになってしまいます。

食べすぎもよくありませんが1日3食はしっかりとバランスよく食べること、また、免疫を司る腸内環境を整えて善玉菌を増やすことも大切です。

病気が原因の場合もある

どんな対策を取っても長期間疲れが抜けいにくいという場合には、何らかの病気が潜んでいる場合もありますので早めに検査に行くことをおすすめします。

たとえば糖尿病の症状には全身の倦怠感がありますし、これは体細胞の隅々に栄養が行き渡らなくなってしまうことが原因です。

寝ているのに眠った気にならないという場合には、睡眠時無呼吸症候群なども考えられます。

睡眠時に呼吸が一時的に停止してしまっていることで睡眠が妨げられてしまい、寝ている間にかえって疲労が蓄積されてしまうのです。

自覚症状が少ないので気が付きにくいのですが、甲状腺機能が低下していてもさまざまな不調が身体に表れてきます。

また、メンタル面で不調を抱えている場合にも慢性的なだるさを覚えることになりますので、少しでも自覚症状を感じたらカウンセリングを受けてみてください。

自律神経の不調で疲れが抜けない

私たちの身体の機能は、自律神経によってコントロールされています。

その自律神経は、交感神経と副交感神経があり、これがうまくバランスを取りながら、昼間は活動的に、そして夜は睡眠を取ってゆっくり過ごすように出来るようになっているのです。

しかしこの自律神経が乱れることがあります。

この乱れの原因はストレス。

ストレスがたまると、興奮する作用のあるアドレナリンが分泌され、昼の夜も身体が緊張した状態が続くことがあるのです。

その結果、夜になっても興奮が冷めない、体は緊張したままでベットに横になってもいつまでに疲れが抜けないという状態になるのです。

この場合の疲れが抜けない状態は、精神的な面と身体的な面、両方が複雑に絡んでいます。

そのため自律神経のバランスが乱れると、なかなか改善するまでに時間がかかり疲れの抜けない状態も長く続いてしまうのです。

肝機能が悪いと常に倦怠感が生じる

39 件
スポンサーリンク


関連する記事 こんな記事も人気です♪

何も考えない人の特徴と何も考えない方法やコツ16選

何も考えない人の特徴と何も考えない方法やコツ16選

何も考えない人の特徴と何も考えない方法やコツについてご紹介していきます。
J4U | 1,009 view
メリハリを付ける方法【仕事・勉強・生活】

メリハリを付ける方法【仕事・勉強・生活】

仕事・勉強・生活にメリハリを付ける方法についてご紹介していきます。
J4U | 293 view
仕事運がアップする方法とグッズ16選

仕事運がアップする方法とグッズ16選

仕事運がアップする方法とグッズについてご紹介していきます。
J4U | 422 view
慕われる先輩の特徴と慕われる人になる方法12選

慕われる先輩の特徴と慕われる人になる方法12選

慕われる先輩の特徴と慕われる人になる方法についてご紹介していきます。
J4U | 967 view
没頭する人の特徴や性格と没頭できる仕事や趣味の見つけ方

没頭する人の特徴や性格と没頭できる仕事や趣味の見つけ方

没頭する人の特徴や性格と没頭できる仕事や趣味の見つけ方についてご紹介していきます。
J4U | 449 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事