2016年10月18日 更新

自分を認めることが難しい理由と自分を認める方法や言葉

自分を認めることが難しい理由と自分を認める方法や言葉についてご紹介していきます。

451 view お気に入り 0

自分を認める

【目次】
・自分を認めることが難しい理由
・自分を認める方法
・自分を認める言葉

自分を認めることが難しい理由

自分のあるがままの姿を受け入れられない

誰でも“こうあるべき自己像”をもって生きています。

自分はせめてこのくらいはできなければ恥ずかしいというような、相対位置の中で自分はこのレベル以上はクリアーしているべきよというラインのことですね。

しかしそういう“こうあるべき自己像”を設定しているのは自分ですから、自分に甘い人ですと、その相対関係のラインをかなり高く設定してしまい、だから自分の実力を思い知らされる場面がきても「違う!自分はもっともっとできるはず…この結果は何かの間違い」という風に決めつけてしまうのです。

しかし…自分の実力を正確に知る・分析する・把握するというのはかなり難しいものです。

誰でも自分は“ものすごく価値がある”とうぬぼれていたい気持ちはありますから、自分の客観的な実力を知らされると青天の霹靂のようなショックを受けてしまうのですね。

認めたくない自分を拒否したい

自分の良い部分・かっこいい部分・世間的に見てあらまほしき資質…は誰でもすんなり受け入れて、自分自身であると認めることはできます。

しかし逆に自分の悪い部分、社会的に受け入れられそうにない資質、誰が見てもかっこわるい何か…は自分の一部であるとは認めがたいという本音があります。

自分を認めることが難しいと感じる人は、この“清濁併せのむ態度”が不十分であるために、自分を認めることが難しくなっている可能性があります。

自分の好きな自分だけが自分ではないということです。

特に男性は、弱い自分、感じやすく同情しやすい自分は、「男性的ではない」「男らしくない」という理由で拒否しがちです。

しかし「男らしくない」自分のどこかに本当のあなたらしさが含まれているのかもしれませんし、それなら自分を丸ごと受け入れたほうがよいのです。
スポンサーリンク


生育環境に何か原因があって自分を認めることが難しい

自分を認めることが難しい理由には、生育環境、特に親との関係がゆがんでいたとか、問題があった人がいます。

つまり暴力親に育てられたとか、腕力をつかった暴力は無くても、父母や周囲の大人からあるがままの自分を否定される子供時代をおくったとか、そういう特殊事情がある場合です。

こういうトラウマは本人が大人になってもあとを引きます。

摂食障害(拒食症など)で悩む成人の女性の問題は、「母親」が原因であると主張する精神科医は多いです。

「母原病」という造語もあります。

摂食障害で苦しむ本人は「綺麗になってもっと愛されたいから」とやせ願望をつのらせるのですが、美容うんぬん男うんぬんより先に、母親が娘を丸ごと愛することができない問題のある大人だったために、娘は成人になっても問題を抱えるようになるのです。

自分を認めることが難しい理由とはそういう教育を受けていないから

日本では「上が言うことを下は黙って従う」トップダウン式の教育しか受けていませんので、あるがままの自分を発見して認めるという訓練を受けていないのです。

教育も訓練も受けていないから、本当の自分を知らないまま大人になります。

本当の自分の考えを口にすると「素直じゃない」「生意気だ」と怒られるので、本音を抑圧する陰湿な文化が形成されます。

その結果、自分の中の好きな部分は認めるけれども、好きじゃない部分は認められない人間になります。

そもそも何が「良い」か?!なんて誰が決めることができるというものでもありません。

ですから自分を認めることが難しいと感じているのなら、まず“自分探し”が求められます。

自己分析といいますか、これまで表現するのを避けてきた自分自身の一部を発見して、それを認めること。

それが大事なのです。

自分を認める方法

比較して劣等感を覚えるのをやめる

自分を認めることができない人というのは、ほぼ確実に「他の誰か」と自分を比較しています。

そのうえで劣ってしまっていることを自覚してしまうことで、「自分はなんてダメな人間なんだろう」と考えてしまうのが問題なのです。

趣味などで好きなことをしたり楽しんでいたとしても、誰かがもっとうまくやっていたり結果を出しているのを目の当たりにしてしまったら、途端に「何をやっても無意味なんだ」と気持ちが萎んでしまうタイプが多いです。

根がとても真面目でもあるのです。

人と自分に優劣をつけることはすぐにやめてください。

といっても競争社会の世の中ですから、学生時代からずっと誰かと何かを比べられて生きてきて、いきなりストップしようと思っても難しいことでしょう。

ですが、やめようと意識をしたり、比較は無意味だと自覚をするだけで随分心が楽になります。

自分が楽しければ、幸せを感じればいいのだと思うようにしてください。
41 件


関連する記事 こんな記事も人気です♪

イラッとする男女の特徴や言葉とイラッとする人への対処法16選

イラッとする男女の特徴や言葉とイラッとする人への対処法16選

イラッとする男女の特徴や言葉とイラッとする人への対処法についてご紹介していきます。
J4U | 583 view
自己満足のメリットとデメリット16選

自己満足のメリットとデメリット16選

自己満足のメリットとデメリットについてご紹介していきます。
J4U | 237 view
男子・女子がキュンとする言葉やセリフ16選

男子・女子がキュンとする言葉やセリフ16選

男子・女子がキュンとする言葉やセリフについてご紹介していきます。
J4U | 1,340 view
男性がドキドキする瞬間やドキドキする仕草・キス・言葉・LINE(ライン)

男性がドキドキする瞬間やドキドキする仕草・キス・言葉・LINE(ライン)

男性がドキドキする瞬間やドキドキする仕草・キス・言葉・LINE(ライン)についてご紹介していきます。
J4U | 2,624 view
彼氏にキュンとする行動やエピソードと彼氏をキュンとさせる方法・言葉

彼氏にキュンとする行動やエピソードと彼氏をキュンとさせる方法・言葉

彼氏にキュンとする行動やエピソードと彼氏をキュンとさせる方法・言葉についてご紹介していきます。
J4U | 863 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事