2016年12月21日 更新

理解力がない人の特徴や原因と対処法16選

理解力がない人の特徴や原因と対処法についてご紹介していきます。

2,769 view お気に入り 0

紙に書きながら説明する

理解力のない人は、頭の中て上手く整理できない場合が往々にしてあります。

理解できるようにカバーしてあげるには、紙に書いて説明するのも1つの方法です。

紙に書くことによって、それまで頭の中で考えていた事が、視覚からも受け入れるようになります。

よって、視覚から得た情報により、鮮明且つ詳しい情報を得る事ができるので、理解力が数倍アップすると言えます。

紙に書くことは、具体的な説明をする時にも効果的で、図なども一目で解るメリットがあります。

理解力の無い人には、このように紙に短い文や言葉を書くと強烈に印象に残ります。

話した事が全て紙に書いてあるため、例えば不明な点や聞き逃しがあっても、いちいち繰り返し聞く必要がなくなります。

紙に書いて説明することが、理解力のない人への対処法となり得るでしょう。

話しに興味を示すように雑談を入れる

理解力のない人は、注意が散漫していたり、話に興味がない場合も考えられます。

その人にとって、さして興味のない内容だと、真剣に聞き入れようという気持ちにならないため、更に理解力が落ちてしまいます。

その様な人には、雑談を交えながら話を進めるのも効果的です。

雑談の中で興味を示した事に絡めて話してあげると、聞き入れようと思う気持ちがアップします。

そこを上手く利用して、興味を引きながら理解力を得るように伝えていきます。

雑談だけが強く印象に残らないように、肝心な事は何度かリーピートして話してあげると親切です。

相手の表情や話す言葉を注意深く聞きながら、理解度をチェックしましょう。

理解力が足りないようなら補足してあげる事も必要です。

巧みに雑談を交えながら話す事で、興味を示し理解力も上がるでしょう。
スポンサーリンク


説明を2度3度と繰り返す

理解力のない人は、先に聞いた事を忘れてしまう場合が多いようです。

話を聞いている内に、初めに聞いた事を何だったか思い出せなくなります。

これは、高齢の人に多く見られる現象です。

そのような場合は、苛々せずに根気強く2度3度と説明してあげます。

繰り返し説明することによって、1度目より2度目、2度目より3度目と理解力が上がっていきます。

面倒になって、つい短い言葉で簡潔に済ませようとしがちですが、丁寧に伝えるべき事はきちんと話すべきでしょう。

例え時間が掛かったとしても、相手に理解してもらう事が一番の目標なので、匙を投げずに対応することが大切です。

また、専門用語などを使用せずに、分かり易い言葉を使うことも必要です。

理解を示すまで、何度でも繰り返し話す事が、理解力を高める方法です。

伝える努力をして根気よく話す

相手が納得していないのに、話を終わらせてしまう場合があります。

そのような人は、相手に伝えようとする誠意や意志が見えません。

相手に話しているのではなく、自分に向かって話している人です。

すっかり慣れっこになっていて、在り来たりの事をペラペラと早口で話してはいないでしょうか。

その様な人は、伝えようとする努力も見えなければ、相手の理解度も全く気にしていません。

理解力を高めたいと思うのなら、まず分かるように伝える努力が必要です。

努力もせずに相手が理解力がないと言っていては話になりません。

相手が納得するまで根気強く話し、説明することが大切です。

時には、相手に質問して理解度を確認する事も良いでしょう。

何度でも理解してもらうまで説明し、納得してもらえるような話の工夫も必要です。
スポンサーリンク


理解力を鍛える方法

常に「理由」「意図」を意識する

普段の何気ない会話でも、発見でもなんでもいいですが、常に「理由」と「意図」を考えるように意識づけましょう。

例えば、上司をお酒を交わしている時でも、自分に対する会話を聞きながら「この人はどうしてこういうことを言ってきているのかな、その心理の裏側にはどういった意図があるのだろうか?」と考えながら会話をするだけで、吸収力は全く違ってきます。

ただ何となく聞いているだけでは全く身に入らないようなことでも、これを意識することで相手に何を求められているのか、なぜ相手がこうしてきたのか、等といったことをだんだんつかめるようになってきます。

これはある日突然出来ることではなく、日ごろから「理由」と「意図」をしっかりと念頭に置き、意識し続けることで理解力を高める訓練をする、と言えます。

自分の言葉に言い換えてみる

テキストの条文を読んで暗記をして理解しているつもりだったのに、その条文を活かさなければならないテストの問題が解けなかった、という経験はありませんか?

これは、結局のところ、「暗記は出来ている」「単純に、その文章の理解は出来る」けれど、自分の中でその神髄までをしっかりと理解していないから、応用が利かなかったり、ちょっと言い換えられただけで同じことを指していると気づけないのです。

理解力を高めるには、ちょっと面倒な気持ちにもなりますが、何かを理解しようとするときに必ず自分の言葉で置き換えるようにしてみてください。

日ごろのその意識をするだけで、あなたの理解力はぐんと上がります。

具体的な言い換え方は、「つまりはこういうことだな、なぜならこうだから」という形で自分なりの言葉で言えることが一番理想だと言えます。

原則を理解し、さらにその背景やそうなっている理由をしっかりとつかむことが出来ているという証拠になるので、自分自身で理解度をはかるのにも適しています。
49 件


関連する記事 こんな記事も人気です♪

地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法12選

地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法12選

地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法についてご紹介していきます。
J4U | 7,570 view
教養がある人の特徴と教養がない人の特徴

教養がある人の特徴と教養がない人の特徴

教養がある人の特徴と教養がない人の特徴についてご紹介していきます。
J4U | 26,983 view
考えない人になりたい?考えない人の特徴と対処法

考えない人になりたい?考えない人の特徴と対処法

考えない人の特徴と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 670 view
知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法

知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法

知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法についてご紹介していきます。
J4U | 3,430 view
頭でっかちな人の特徴と対処法

頭でっかちな人の特徴と対処法

頭でっかちな人の特徴と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 2,015 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事