2016年12月21日 更新

理解力がない人の特徴や原因と対処法16選

理解力がない人の特徴や原因と対処法についてご紹介していきます。

2,789 view お気に入り 0
理解力がない人の特徴や原因に、価値観や視点が他の人と違いすぎるということがあります。

みんなが夢中になっているものに関心がなかったり、いつも周囲とは違うところに目がいくような人であれば、普通の人が正しいと思ったり良いと思っていることが理解できないということもありますし、理解力がない人だと思われてしまうことがあるでしょう。

ですから理解力がないというのはその人の価値観の違い、生まれ育った環境の違いなども影響しているものです。

また、みんなが納得しているのに一人だけ納得しておらず理解力がないと感じるような時は、発達障害などで理解する力が他の人よりも弱いということがあります。

そういった時は理解できるように別の方法で説明したり、もっと率直な言葉でわかりやすくしてあげると良いでしょう。

先のことを考えず目先のことばかり考えてしまう

理解力がない人の特徴や原因として、先のことを考えず今のことばかり考えてしまう、ということがあります。

先のことというのはどうなるかわかりませんし、先のことを考えるほうが今のことを考えるよりも難しいものです。

ですから理解力がない人というのは難しくややこしくなりそうな先の問題は考えず、目先のことしか考えないということもあるでしょう。

人は難しい問題を考えたり困難を乗り切ることで理解する力を養っていくことができますから、そういったことを面倒なこととして避け続けているような人は理解力がなくなってしまうことも多いでしょう。

目先の利益ばかりにこだわって、長く運用していくことによって出てくる利益などにも関心がなく、勉強しながら良い方向にしていこうということも考えないことがあるものです。

理解することが大事だと思っていない

理解力がない人の特徴や原因に、理解するということが大事なことだと思っていないということがあるものです。

人とかかわっていうためには、トラブル回避のためにもお互いのことを理解し合うということがとても大事になってくるものですが、自分勝手で自分一人でも生きていけると思い込んでいるような人であれば、他人のことを理解する必要がないとも思っているので、理解力がないということもあるものです。

また、今まで人とかかわったことで何か嫌な思いをしてしまったような人であれば、理解しても仕方がないということで理解することをないがしろにしてしまっているということもあるものです。

理解力があったような人でも理解することが大事だと思わなくなってしまえば理解力がないと思われてしまうこともあるので、今までの嫌な思い出が原因の時もあるでしょう。
スポンサーリンク


理解力がない人への対処法

その人が好きなものにたとえて話す

理解力がない人というのは知識不足が原因である場合が考えられます。

ですのでその人が興味のあるもの、例えばスポーツやバラエティなどなんでもいいので、そういったものにたとえて話をすると理解されやすいです。

最も良いのは日常的な物事にたとえることです。

誰もが知っているような事柄であれば、理解力もぐんと上がるでしょう。

マニアックな知識を元にたとえても理解はしてくれません。

どのように説明するか、それが理解力がない人への対処法だと言えるのです。

分かりやすくたとえるためには、説明する当人が事柄についてしっかりと理解している必要があります。

それに加えて理解力がない人の好みを知っているかも必要不可欠な要素になってきます。

相手の好みを知っていれば、どんなたとえをすれば、理解してくれるかも自然と分かるというわけなのです。

なるべく分かりやすい言葉で話す

理解力がない人に話を理解してもらうためには、なるべく専門用語を交えずに話すことです。

専門用語がそもそも分かってない人に、専門用語を使って説明しても理解してくれるわけがありません。

一般的な言葉を使って分かりやすく説明する、それこそが理解力がない人への対処法なのです。

しかし専門用語以外では意味を説明しにくい事柄も少なからず存在します。

専門用語を知っている人にとってはそれ以上分かりやすい説明はないと言えるのです。

こういった場合、そもそも専門用語を説明しなければならず、若干話に時間がかかることになってしまいます。

ですが相手が一つでも専門用語を理解してくれれば、その後の話はスムーズに進む可能性が高いため、分かりやすい言葉に置き換える他に、そもそも専門用語を説明するというのも良いやり方ではあります。

相手が理解できているか確認する

理解力がない人は、わりと最初のほうから話を理解できていない可能性が高いです。

ですので一気に話をするのではなく、ポイントごとに区切って今どのくらいまで理解できているかを確認するという方法があります。

もし理解していなければもう一度分かりやすく説明する、理解できていれば次の段落に移る、これを繰り返していきます。

一度話を区切ることで、説明しているほう、話を聞いているほう、双方が流れを整理しやすいという利点があります。

話の流れが分からないからこそ全体像が掴めなくなっているため、流れを掴むポイントを作れば、理解力も向上する可能性が高いです。

理解力がない人に話をすべて理解してもらうためには、その都度話のどこまでを理解していて、理解できていないかを確認することが重要だということです。

話をなるべく短くする

理解力がない人への対処法の一つに、話を短くするというものがあります。

理解力が乏しい人にダラダラ話を続けていても、到底理解してもらえるわけがありません。

要点をまとめてなるべく短く話すことが大切です。

というのも話が長いからこそ、冒頭に言われたことを忘れてしまい、結果何の話かが分からなくなってしまうのです。

まず最初にどういう話であるかを提示し、無駄を省いた上で必要不可欠な要素だけを伝えます。

そうすることで余計な情報に惑わされなくなるため、理解力がないと言われる人でも話を理解しやすくなるのです。

要はいかに説明を上手にできるかが鍵というわけです。

相手に理解力がないわけではなく、ただ単に説明が下手である可能性も少なからずあるため、説明前にきちんと要点を確認するのも良いでしょう。

十分に理解できる説明かどうかを確認して、そうでなければもう一度しっかりと推敲する、そうすることで無駄をよりそぎ落とすことができます。
49 件


関連する記事 こんな記事も人気です♪

地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法12選

地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法12選

地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法についてご紹介していきます。
J4U | 7,606 view
教養がある人の特徴と教養がない人の特徴

教養がある人の特徴と教養がない人の特徴

教養がある人の特徴と教養がない人の特徴についてご紹介していきます。
J4U | 27,022 view
考えない人になりたい?考えない人の特徴と対処法

考えない人になりたい?考えない人の特徴と対処法

考えない人の特徴と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 676 view
知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法

知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法

知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法についてご紹介していきます。
J4U | 3,449 view
頭でっかちな人の特徴と対処法

頭でっかちな人の特徴と対処法

頭でっかちな人の特徴と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 2,047 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事