2016年12月21日 更新

理解力がない人の特徴や原因と対処法16選

理解力がない人の特徴や原因と対処法についてご紹介していきます。

294 view お気に入り 0

理解力がない人

【目次】
・理解力がない人の特徴や原因
・理解力がない人への対処法

理解力がない人の特徴や原因

頭の中で一つのことしか考えられない

頭の中で一つの事しか考えられないという原因で、理解力が無い人がいます。

人の言うことやあらゆる物事の真理に対して、理解したくとも、自分自身が夢中になっていること、頭の中でたった今、ピントを合わせている事柄から目を背けられないというタイプです。

小学生くらいまでの男児に居がちで、とにかく、目の前のことひとつに夢中になると、他のことが目に入らないという感じなのです。

そんなタイプの人は、人が、しっかり話を聞くようにとか、自分のためになるから理解しておくようにとか言ってくれる、ありがたい助言も、自分のこととして聞き入れることができないことが多いのです。

自分の目的のために必要な、理解する努力も、なかなか習得しようとできないので、周囲も困り果てることがありますが、困り果てたころに、自分のペースで頭の中が切り替わったのか、理解しようとしていることがあり、気づくと理解していた、ということもたまにあり、もしかして頭がいいのだろうか?などと、思わず思ってしまうこともあるでしょう。

注意散漫で、落ち着きがない

注意散漫で落ち着きがないタイプも、なかなか理解力が無く、周囲を困らせることが多いです。

そういったタイプは、たいてい小さい頃から落ち着きがなく、先生に注意されたりする機会が多く、親に頭を下げさせてきたことも多いでしょう。

しかし、そんなに手の焼けるタイプでも、なぜか、周囲からは可愛がられると言ったことも多く、自分でも怒られ慣れているのをわかってか、失敗した時に、なんとなく、自分での防御策として知らず知らずにあみ出した笑顔が、とてもかわいいということが多いという理由で、周囲にはかわいがられるようです。

注意散漫で、とにかく集中できないのですから、理解力もなく、本人の意図はなくとも、当然、周囲に迷惑をかけてしまうようなことが多いので、そういったタイプの人のせいで、関わるごとに時間を取られることも多いでしょう。

しかし、反面、そんなタイプの笑顔に癒されるということも言えるというわけです。
スポンサーリンク


いわゆる天然で、理解不明

理解力が無いタイプで、まったく意味不明のつかみどころがないタイプもいます。

つまり、いろんなパターンやいろんな行動が、日によって違う反応や態度とともに見受けられるので、こちらがこいつはこういったタイプだと、決められないようなタイプもいるのです。

一般的には、世間では天然と言うキャラで通りがちで、何を考えているのかわからないし、人の言うことに対しての理解力も乏しく、そして、そのことを理解できているかどうかの確認も難しいというのが特徴です。

調子よくうなずいているから、こちらの言ったことがわかったのかと思っていれば、実際に、例えば指示した作業を行うときになったら、とんちんかんな行動で、「え?」となるというようなことが多いのです。

ですので、いろいろな意味で、仕事を全部任せるということは難しく、常に関わる人が、確認作業をしなければならないという、手のかかるタイプです。

それでも、その人の天然ぽさは、時として、癒しの存在となり、人に必要とされることも多いです。

自分で作った思い込みが激しい

理解力が無い人で、自分流に思い込むタイプもいます。

自分の今までの知識と、なんとなくの感覚で、人が説明したこと等を、理解したとしておきながら、実際には、自分流に置き換えて頭の中にインプットしているので、あとあと、それは理解したと言うことにはならない、と、なってしまう結果に繋がりやすいのです。

想像力が豊かで、空想癖があり、ユーモアにあふれているタイプですが、おおざっぱで、現実的に地に足が付きにくく、やはり、こういったタイプにも、仕事を全面的に任せることは難しいでしょう。

自分流に受け止めるので、伝言ゲームに参加すると、必ず間違えのもとになるような存在なのです。

自分が理解せずにいても、人からの言葉をざっくりと理解したつもりになっていて、自分流の理解した内容に変えて、人への伝達もしてしまうので、やはり伝達事項も、重要なことを任せるのは危険です。

最初から理解しようと思っていない

理解力がない人の特徴や原因として、最初から理解しようと思っていない、ということがあります。

どんなに簡単で話し合いで解決できるようなことであっても、最初から理解する気がまったくないのであれば話し合いをする意味もなくなってしまうでしょう。

また、もともと人間的に嫌っていたり、性格があわないと感じているような人の言っていることであれば、その人が話すことすべてに拒否反応を起こしてしまって理解する気になれなくなっているということもあるものです。

すぐに理解できる話であっても、受取る側に理解する気がなかったり最初から理解したくないという状態であれば理解してもらうことはできないですし、誰に対してもそういった状態が続くような人であれば、理解力がない人なのだと思われてしまうこともあるでしょう。

価値観や視点が他の人と違いすぎる

49 件
スポンサーリンク


関連する記事 こんな記事も人気です♪

地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法12選

地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法12選

地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法についてご紹介していきます。
J4U | 652 view
教養がある人の特徴と教養がない人の特徴

教養がある人の特徴と教養がない人の特徴

教養がある人の特徴と教養がない人の特徴についてご紹介していきます。
J4U | 2,446 view
考えない人になりたい?考えない人の特徴と対処法

考えない人になりたい?考えない人の特徴と対処法

考えない人の特徴と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 215 view
知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法

知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法

知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法についてご紹介していきます。
J4U | 622 view
頭でっかちな人の特徴と対処法

頭でっかちな人の特徴と対処法

頭でっかちな人の特徴と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 394 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事