2016年8月22日 更新

面白くなりたい人がやるべきこと9つ

面白くなりたい人がやるべきことについてご紹介していきます。

136 view お気に入り 0

面白くなりたい人がやるべきこと

情報収集を欠かさない

面白い人というのは、とにかく知識が豊富なものです。

ですから誰と話をしても話題が尽きることはなく、常にたくさんの人たちを楽しませることができます。

もしもあなたが面白い人になりたいのであれば、情報収集を欠かしてはいけません。

テレビで最近人気の番組をチェックしたり、しっかりとニュースを見たり。

さらに、インターネット上で話題になっていることについても、細かく知っておく必要があるでしょう。

もちろん情報収集にはそれなりに時間もかかりますが、面白い人になるためには、決して欠かすことのできない時間だといえるでしょう。

自分で自分のミスを笑い飛ばす

面白い人というのは、決して毎回完璧に人を笑わせているのではありません。

他の人と同じようにスベることもありますし、失敗することも多々あるのです。

では、面白い人とそうでない人との差はどこにあるのでしょうか?

それは、「自分のミスを自分で笑えるか」という部分になります。

ですから、もしあなたが面白くなりたいのであれば、「自分で自分のミスを笑い飛ばす」ことが大切です。

他人のちょっとした失敗というのは正直面白いものですが、多くの人は相手に気を遣い、笑ったりはしないものです。

しかし、何かミスをしたときに自分で笑い飛ばすことによって、周りの人も遠慮せずに笑うことができます。

その結果、「この人は面白い人だ」と思ってもらえるようになるのです。

リズムよく喋れるように練習する

たとえどれだけ話の内容が面白くても、途中で噛んでしまうと途端に面白くなくなったりしますよね?

ですから、面白くなるためには、まず「リズムよく喋れるように練習する」必要があります。

さらに、相手に話を面白いと思わせるためには、ある程度の「早口の技術」も必要です。

途中で噛んだりせず、最初から最後までを簡潔に、そして一気に言い切るからこそ、話は面白く聞こえるものだからです。

最初は、本を読み上げるだけでも構いません。

リズムと滑舌を意識しながら、しっかりと言葉を発せられるよう、日頃から練習しておきましょう。

いったんプライドを捨ててみる

普通の人ならば、ある程度のプライドは持っているものの、必要以上に高いプライドは持っていないものです。

しかし、今までそういったように生きてこなかったり、育った環境によるもので、特別プライドが高い種類の人もいます。

そこまでいかなくても、プライドと言うのは、普通の人でも、意地になったときに捨てきれずにいるということも多いです。

そんなふうに、プライドが高いままでいると、人を見下すようなことばかりの発言になりがちで、面白いどころか、好かれにくい人格となりそうです。

そういった人は、まずは、プライドを捨てることです。

一つ目の目標として、軽い自虐ネタを披露することに挑戦してみるのも良いでしょう。

すぐに怒るのをやめる

キレネタが面白いという、突っ込み担当の芸人さんもいますが、実生活の中で、キレてばかりいる人は、空気が読めない人と評価されやすいでしょうし、周囲から一緒にいたいとは思われません。

キレネタは、芸人さんであり、「ネタ」だから面白いのです。

実生活の中で、面白い人と言って頭に浮かぶ人は、そうそう怒るタイプの人はいないのではないでしょうか。

普段温厚な人が多いのです。

温厚ゆえ、人が集まりやすいし、笑う環境が整うのです。

そういったことを考えてみてもやはり、普段から面白い人になりたいのであれば、基本的には穏やかでいるように努めたいものです。

怒りやすい人は、まず怒りっぽいところを直しましょう。

なぞなぞや、頭の回転をよくする運動をする

面白い人は、独特の言い回しや表現で、その場その場での発言がフッと湧いてくるように、どんどん面白いことが浮かびます。

既成概念をある程度取っ払って、まじめな気持ちと言うより、ちょっと面白くなるアンテナを張り巡らせて、柔軟な頭作りを心掛けると、面白い人になれそうです。

柔軟な頭の中を作るのには、落語を聞いたり、面白い人の話を聞くのも良いでしょうが、すべてを真実として受け入れないような、ちょっとした遊び心のようなふざける癖も必要です。

そういう意味では、子供の時代からあるなぞなぞは、ウエットにとんだ頭の作りになりそうです。

なんでもまっすぐに考えるよりも、ちょっとふざけてちゃかして、遊び心を利かすと、普段から自分も笑う癖が付いたり、面白いものに敏感になり、自分自身からも面白いことを発信しやすくなりそうです。

人の表情を観察するようにする

面白くなりたい人は、人の表情を観察するということが大事です。

人というのは面白いと感じた時は表情が柔らかく明るくなりますし、逆につまらないと感じている時はぎこちなく堅い表情になってしまうこともあるものです。

ですから表情が柔らかく笑っている人がいたら、どういった時にそういう表情をするのかを観察してみましょう。

何を言った時、どういうことをした時に楽しませることができるのかを知ることができますから、面白い人になるための糸口を掴めるようなことにもなるでしょう。

面白くなりたい人は人を観察するということが大事です。
21 件


関連する記事 こんな記事も人気です♪

いじられキャラの心理・性格・辛い悩みといじられキャラをやめたいから脱出する方法20選

いじられキャラの心理・性格・辛い悩みといじられキャラをやめたいから脱出する方法20選

いじられキャラの心理・性格・辛い悩みといじられキャラをやめたいから脱出する方法についてご紹介していきます。
J4U | 696 view
女性をいじる人の心理といじる人への対処法16選

女性をいじる人の心理といじる人への対処法16選

女性をいじる人の心理といじる人への対処法についてご紹介していきます。
J4U | 854 view
面白い女性の特徴とモテる・モテない理由

面白い女性の特徴とモテる・モテない理由

面白い女性の特徴とモテる・モテない理由についてご紹介していきます。
J4U | 1,429 view
面白い女が恋愛対象外でモテない理由9つ

面白い女が恋愛対象外でモテない理由9つ

面白い女が恋愛対象外でモテない理由についてご紹介していきます。
knk4111230-ec | 351 view
面白い人がモテる理由9つ

面白い人がモテる理由9つ

面白い人がモテる理由についてご紹介していきます。
prismagicwonderland | 259 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

knk4111230-ec knk4111230-ec
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事