2016年12月2日 更新

酒癖が悪い人の特徴や原因と酒癖が悪い人への対処法や改善方法

酒癖が悪い人の特徴や原因と酒癖が悪い人への対処法や改善方法についてご紹介していきます。

529 view お気に入り 0

酒癖が悪い

【目次】
・酒癖が悪い人の特徴
・酒癖が悪い人の原因
・酒癖が悪い人への対処法
・酒癖が悪い人の改善方法や治し方

酒癖が悪い人の特徴

お酒を飲むと説教を始める

上司などに多いのが、お酒が入ると急に態度が大きくなってしまう人がいます。

普段は口数が少ないのに、お酒の力で別人のように饒舌になります。

日中は部下に仕事を頼むことすら躊躇している人が、平気で名前を呼びつて状態で仕切り始めます。

仕切り始めたかと思うと、今度はお説教を始めてしまいます。

大抵の人は、酔っている相手に反論しても仕方がないと好き勝手言わせておきます。

日頃からのストレスが溜まっているのか、お酒を飲むと説教間に変身する悪い癖があります。

お酒の力とはいえ、ある意味本音が入ったトークは引いてしまいますね。

翌日はまた同じ顔をして仕事をするのも、辛いものがあります。

明るいお酒ならまだしも、ネチネチとお説教されてはたまったものではありません。

折角のお酒の席が台無しになってしまいます。

お酒の力を借りて説教する上司は嫌われてしまいます。

だれ彼構わず絡んでしまう酒癖

お酒の力で気持ちが大きくなってしまう人がいます。

大声を出して、平気で騒ぎ出すなど手が付けられなくなります。

特徴的なのが絡む事です。

それは一緒に飲みに行った人にだけ限られた事ではなく、周りで飲んでいる人にも絡んでしまいます。

いちいち気に障るような事ばかり言うので、場がしらけてしまいます。

本人は自分のせいで雰囲気が悪くなった事すら気付いていません。

話をしていても否定的な事しか言わず、相手の意見など完全に無視してしまいます。

何か言っても、倍になって否定的な言葉が返って来る為、不快でしかありません。

隣で飲んでいる人の話しに割り込んで、邪魔をすることも日常茶飯事です。

一緒に飲みに行った人は、ひたすら謝る役目となってしまいます。

だれ彼構わず絡むので厄介であり、不愉快いな酒の席になります。
スポンサーリンク


暴力的になって暴れる

とにかく危険なのが酒乱の人です。

お酒が入ると暴力的になってしまうので、注意が必要です。

喧嘩をしたり物を投げたりと、ハラハラさせられる行動をします。

酒乱の人に限って、普段は良い人という場合が多いのも特徴です。

お酒が余り強くなく、お酒に飲まれてしまい別人格になる場合もあるでしょう。

また、持って生まれた酒乱の性質の人もいます。

そのような場合は、飲み過ぎないように周囲が気を付けてあげる事も大切です。

暴れて周りの人に怪我をさせるようでは大事態になってしまいます。

酒乱の人は自分の行動を覚えておらず、記憶がない場合が多いようです。

酔いが醒めて本人も青ざめる事になります。

明るいお酒になるように話題にも注意し、酒乱の状態を回避したいものです。

酒癖が悪い人の中でも、酒乱は一番危険な状態なので十分気を付けたいですね。

セクハラ行為をする人

お酒が入ると嫌らしい話を始める人がいます。

別の話題であっても、必ず嫌らしい方向に話を持って行きワンマンショーを始めます。

下ネタを連発して、そのお蔭で周囲は嫌な空気になってしまいます。

それでも本人は得意気に下ネタを続けていると、1人2人と居なくなってしまう事態になります。

限度を超えた下ネタは不快でしかありません。

また、ベタベタすり寄って来たり、必要以上のボディータッチをします。

酔っているからと多少は多目にみていると、だんだんエスカレートしていきます。

ピシリ!と意見されても平気で続ける嫌な酒癖です。

全てはお酒のせいと本人は開き直り、かなり図々しいセクハラ行為になります。

挙句の果てには抱き付くなど、理性のかけらも無くなります。

そのような人と一緒にお酒を飲むのは誰しも嫌で、あの人が行くなら行かないと陰で言われる事になってしまいます。

酒癖が悪い人の原因

ストレスが溜まっている

酒癖が悪い人の原因がストレスです。

普段自分の中にストレスを溜め込んでいると、お酒を飲んだときに抑圧されていたストレスが解放されてしまうのです。

お酒には体をリラックスさせる効果と理性に緩みをもたらす働きがあります。

それゆえに普段は理性で抑えていた感情が爆発してしまうことになるのです。

つまり普段おとなしい人ほどお酒を飲むと悪酔いしてしまう可能性が高いということです。

誰にも本音を言えない人ほど内側にストレスを溜め込んでいることが多いため、お酒の席がきっかけで周囲の人と大喧嘩になってしまうことも珍しいことではありません。

それほどお酒というものは人を変える力を持っているのです。

お酒を飲んだときに普段と性格が大分変わる人は、内側にそれだけストレスを溜め込んでいたと考えても間違いではありません。
42 件


関連する記事 こんな記事も人気です♪

批判的な人の特徴や心理と批判的な人に疲れるときの対処法

批判的な人の特徴や心理と批判的な人に疲れるときの対処法

批判的な人の特徴や心理と批判的な人に疲れるときの対処法についてご紹介していきます。
J4U | 679 view
詮索好きな人の心理や特徴と対処法16選

詮索好きな人の心理や特徴と対処法16選

詮索好きな人の心理や特徴と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 1,186 view
女性をいじる人の心理といじる人への対処法16選

女性をいじる人の心理といじる人への対処法16選

女性をいじる人の心理といじる人への対処法についてご紹介していきます。
J4U | 892 view
旦那をうざいと思う瞬間や理由と旦那がうざいときの対処法

旦那をうざいと思う瞬間や理由と旦那がうざいときの対処法

旦那をうざいと思う瞬間や理由と旦那がうざいときの対処法についてご紹介していきます。
J4U | 458 view
うるさい女の特徴や心理とうるさい女を黙らせる方法

うるさい女の特徴や心理とうるさい女を黙らせる方法

うるさい女の特徴や心理とうるさい女を黙らせる方法についてご紹介していきます。
J4U | 6,246 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事