2016年11月7日 更新

新しい職場への不安と新しい職場になじめない人の特徴や解消方法

新しい職場への不安と新しい職場になじめない人の特徴や解消方法についてご紹介していきます。

253 view お気に入り 0

新しい職場

【目次】
・新しい職場への不安とは
・新しい職場になじめない人の特徴
・新しい職場になじめないときの対処法
・新しい職場への不安を解消する方法

新しい職場への不安とは

職場の人とうまくやっていけるかどうか

新しい職場で働き始めるとき、多くの人が抱く不安は、人間関係に関するものでしょう。

どんな仕事であれ、複数の人間が関わりながら進める以上、そこには必ず人間関係が生まれます。

そして、その人間関係が仕事をする上での大きな悩みになることが大変に多いのです。

実際に、人間関係の悩みが理由で退職するケースも少なくありません。

「誰とでもすぐに仲良くなれる」という自信がある人を例外として、ほとんどの人は「うまくやっていけるだろうか」という不安を感じるものでしょう。

新しい職場で働き始めるとき、まわりはすべて先輩と上司で、自分がいわば一番下の立場になるわけですから、すべての人に気を使う必要があります。

そこには「先輩たちに気に入られたい、少なくても嫌われたくない」という心理が働いていると考えていいでしょう。

そういう心理を持つ背景には、「嫌われたらどうしよう」という不安が隠れているわけです。

新しい仕事を覚えられるかどうか

いうまでもありませんが、新しい職場に行く目的は、人間関係を築くためではありません。

仕事をするために、職場へ行くわけです。

そこで生まれる不安が、「新しい仕事が覚えられるか」というもの。

これまでに経験したことのない仕事の場合、一から覚える必要があるため、自分に覚えられるかどうか不安に感じるのは、自然な人間心理と言っていいでしょう。

まず、上司や先輩からレクチャーされたことを理解できなくてはなりません。

頭で理解できたとしても、体で覚えられなければ、ほんとうに仕事を覚えたことにはならないでしょう。

そうしたことをいろいろに考え、「仕事を覚えて一人前になれるだろうか」という不安を感じるわけです。

また、これまでに経験したことのある種類の仕事であっても、仕事の流儀ややり方、システムは会社や職場によって違ってきますから、まったく不安を感じないというわけにもいかないでしょう。
スポンサーリンク


仕事量が自分にこなせるものかどうか

単純作業など、仕事を覚えること自体には不安はあまり感じなくても、仕事量に不安を感じるというケースも少なくありません。

新人の内は、同じ仕事をするにも、先輩に比べて時間がかかるものです。

そのため先輩は無理なくこなせる仕事量であっても、新人である自分にはこなしきれないということもありえるでしょう。

時間内にこなせなければ、残業する必要も出てきます。

仕事を完全に自分のものにするためには、それもある程度やむを得ないことではあります。

しかし、「毎日残業になったら嫌だな」と感じ、「そんなことになったらどうしよう」という不安を抱くケースも少なくありません。

また、仕事をこなしきれない状態が続けば、当然周囲からの評価は下がるでしょう。

そういう事態を想像することで、「使えない新人と思われてしまうのではないか」という不安も生まれてくるわけです。

ほんとうに自分に向いている仕事かどうか

新しい職場を選んだのは、自分です。

自分で求人を見て、「この仕事をしたい」とか「この仕事ならできそう」、「自分に合ってそう」と考えたからこそ、応募したわけです。

面接では、「ぜひこちらで働きたい」という意欲をアピールしたことでしょう。

ところが、面接に合格し、実際に新しい職場で働くことになると、急に不安になってしまう人が少なくありません。

それは、「この仕事はほんとうに自分に向いているものだろうか」という不安です。

面接を受けた時は、とにかく採用してもらいたいという気持ちで必死だったのが、採用が決まって、客観的に考えるようになったために不安が生じたわけです。

「やってみたら、自分に合っていない仕事で、すぐに辞めてしまった」というケースも、実際にあるでしょう。

そうなれば、また新しい仕事、新しい職場を探さなければならなくなります。

そんな良くない想像をして、不安になるのです。

新しい職場になじめない人の特徴

コミュニケーション能力が致命的に低い

新しい職場にうまく馴染めない人は、コミュニケーション能力が致命的なまでに低い可能性が高いです。

コミュニケーション能力がないため、職場の人とうまく言葉を交わすことが出来ず、浮いてしまうことになりかねないのです。

こうしたタイプはどのような職場であっても周囲の人と打ち解けることが出来ない場合が多いです。

同僚や上司と会話ができないということは、仕事について分からないこともうまく聞くことができません。

それゆえにコミュニケーション能力の低い人は仕事を回してもらえなかったり、仕事を失敗したりなどといったことも多いです。

また会社にもよりますが、飲み会や社員旅行などの行事ごとを催すところもあります。

そうしたイベントにおいてもコミュニケーション能力に低い人は馴染むことが出来ないため、次第に呼ばれなくなることも少なくはありません。
42 件
スポンサーリンク


関連する記事 こんな記事も人気です♪

何も考えない人の特徴と何も考えない方法やコツ16選

何も考えない人の特徴と何も考えない方法やコツ16選

何も考えない人の特徴と何も考えない方法やコツについてご紹介していきます。
J4U | 381 view
仕事運がアップする方法とグッズ16選

仕事運がアップする方法とグッズ16選

仕事運がアップする方法とグッズについてご紹介していきます。
J4U | 196 view
慕われる先輩の特徴と慕われる人になる方法12選

慕われる先輩の特徴と慕われる人になる方法12選

慕われる先輩の特徴と慕われる人になる方法についてご紹介していきます。
J4U | 387 view
疲れが抜けない原因と対処法16選

疲れが抜けない原因と対処法16選

疲れが抜けない原因と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 138 view
没頭する人の特徴や性格と没頭できる仕事や趣味の見つけ方

没頭する人の特徴や性格と没頭できる仕事や趣味の見つけ方

没頭する人の特徴や性格と没頭できる仕事や趣味の見つけ方についてご紹介していきます。
J4U | 269 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事