2016年10月9日 更新

頭が固い人の特徴と説得する対処法

頭が固い人の特徴と説得する対処法についてご紹介していきます。

2,914 view お気に入り 0

頭が固い人

【目次】
・頭が固い人の特徴
・頭が固い人を説得する方法
・頭が固い人への対処法

頭が固い人の特徴

他人の意見は邪魔?独りよがりな考えに固執してしまう

頭が固い人ほど、自分の考えに妙な自信を持ち、周囲の迷惑を顧みずに行動してしまうことが多くなります。

他人の意見を受け入れることは、自分の意見を否定され、敗北するという先入観があるからでしょう。

柔軟な発想や方法も浮かばず、他人からすれば何の面白みもない計画を、一人で作って一人で実行する孤独な特徴が、頭の固い人にはよく見られます。

アドバイスや批評を正面から受け取る勇気がないから、どうしても自分の頭だけで解決しようとしてしまうのでしょう。

他人の声に耳を傾け、相手の意思を尊重することから始めて、自分の殻に閉じこもることを止めなくてはいけません。

独りよがりな考え方が、たくさんの人の意見によって作られたものに勝てることは稀です。

頭を開放的にして、柔らかく他人の意見をキャッチできるような訓練をしましょう。

失敗を繰り返しやすい?同じやり方にこだわらないで

失敗や挫折は、どんなことにもつきものです。

ですが頭の固い人ほど、その結果に満足できず、何度も似たような失敗を繰り返してしまうという特徴があります。

失敗から何かを学び、次に活かそうという考え方ができていないので、どうしても泥沼から抜け出すことができないのでしょう。

常識に囚われない発想や方法を得ることも大事ですが、まずは失敗した事実を認め、それから改善していく作業をするといいでしょう。

失敗を隠したり、自分以外の場所に原因を求めたくなるような気持ちは誰にでもあります。

ですがそんなふるまいを続けていれば、そのうち周囲の信頼を失い、孤立していってしまうでしょう。

自分の頭の固さに気づかず、こだわりを捨てきれないでいると、いつまでたっても成長することができません。

ときには失敗と向き合い、自分に足りないものを確認してみましょう。
スポンサーリンク

その情報はもう古い?いつまでも頭の中が更新できないのはだめ

世の中は常に変化し、前に向かって進んでいます。

そんな中で上手に生きていくためには、頭の中を世界の速度に合わせ、常に最新の情報に更新していく必要があります。

頭の固い人ほど、この頭の中の更新に手間取り、古い情報にいつまでも固執してしまい、時代に取り残されてしまうのです。

一度理解した物事をそのままにせず、たまには見返してアップデートすることが、頭を柔軟にしていくコツになります。

勉強や仕事の手順など、一度覚えたらそれで終わりだという考えを改め、常に新しく、常に高度な情報で頭を満たせるようにしましょう。

古い物や考え方ばかりに目が奪われていると、周囲はあなたと話を合わせづらくなり、人間関係にまで影響が出るかもしれません。

情報が氾濫して、多すぎると言われる現代だからこそ、正しく頭の中を更新し、固さをほぐすように生きるといいでしょう。

レッテルを貼ってばかりいませんか?自分から考え方を狭めないで

例えば性別や年齢、職種や見た目などにレッテルを貼り、考えもせず決めつけてしまう人は、自分の頭の固さに気づく必要があるでしょう。

あの人は男だから、見た目が悪いから、そういう先入観や常識の中から出られずにいるせいで、いつまでもレッテルに頼った評価をしてしまうのです。

日常のあちこちにある枠組みには、ある程度の差別や偏見があり、人間はそれを意識しないうちに受け入れてしまいます。

かつて誰かが決めつけたものを、まるで当たり前のように感じてしまう心が、いつしかあなたの頭から自由な発想を奪ってしまうでしょう。

だからこそ、そこに疑問を持ち、自分の頭で一から考えることで、柔軟で唯一無二の思考が生まれるのです。

難しく考えたり、ひねくれた見方をするのではなく、ただ純粋に目の前にあることを見定め、頭の中をレッテルから解放してあげましょう。

頭が固い人を説得する方法

まずは相手の意見に耳を傾ける

いわゆる、「頭が固い人」は、融通が利かず、人に厳しく、自分のルールを持っている人が多いです。

相手の意見を尊重するということをせず、自分のルールに相手を当てはめて、それを押し付けようとします。

ですから、普通に説得しようと話をしても、平行線上で終わりがなく、説得することが難しくなります。

頭が固い人は、プライドを持っているので、説得するときはそのプライドを折らないようにしなければなりません。

頭が固い人にいきなり自分の気持ちを話して、説得しかかろうとしてもおそらく失敗するでしょう。

まずは、相手の話をよく聞いて、相手がどのように感じているのかを知りましょう。

途中で否定したくなってもぐっと押さえて、そこは共感するようにします。

ここで言う共感とは、相手の意見に賛成することではなく、相手の考え方に「理解を示す」ということです。

「あ~、そうだね、分かるよ」と相手の気持ちを聞いてあげることが第一歩です。
31 件


関連する記事 こんな記事も人気です♪

理解力がない人の特徴や原因と対処法16選

理解力がない人の特徴や原因と対処法16選

理解力がない人の特徴や原因と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 2,789 view
地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法12選

地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法12選

地頭がいい人・悪い人の特徴と地頭を鍛える方法についてご紹介していきます。
J4U | 7,606 view
教養がある人の特徴と教養がない人の特徴

教養がある人の特徴と教養がない人の特徴

教養がある人の特徴と教養がない人の特徴についてご紹介していきます。
J4U | 27,022 view
知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法

知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法

知的な人の特徴と知的な人かどうか判断する方法についてご紹介していきます。
J4U | 3,449 view
頭でっかちな人の特徴と対処法

頭でっかちな人の特徴と対処法

頭でっかちな人の特徴と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 2,047 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事