2016年12月15日 更新

子供・大人が駄々をこねる心理と対処法16選

子供・大人が駄々をこねる心理と対処法についてご紹介していきます。

300 view お気に入り 0

子供が駄々をこねる心理

自分に構ってほしいから

子供が駄々をこねる心理の一つには、自分に構ってほしいというものがあります。

子供というのは基本的に母親のことが大好きです。

なので自分の事を見てほしいから、わざと駄々をこねて母親の気を引こうと必死なのです。

ですので母親の気さえ引くことができれば、駄々をこねるのを止める可能性が非常に高いと言えます。

とはいえ母親のほうも常に子供に構うことができるわけではありません。

しかし子供にはそのことがまだ理解できないために、駄々をこねて構ってもらおうとするのです。

このようなタイプの子供は少しでも構ってもらえない時間ができれば、駄々をこねる傾向にあります。

つまるところ常に母親に構ってもらいたいという気持ちが非常に強いのです。

これは言い換えれば母親に対する愛情が、駄々をこねるという行動を生み出していると言えます。

母親に甘えたいという心理

子供が駄々をこねるのは母親に甘えたいときです。

子供というのはふとした瞬間に甘えたいという願望が湧き上がるものです。

甘えたいときに母親に近づくものですが、例えば家事で忙しかったりすると、「また後で」となってしまうものです。

しかし甘えたい子供にとっては「また後で」と言われても待つことができません。

なのでしつこく甘えようと母親に擦り寄るのです。

こうした行動が母親から見れば、駄々をこねているように見えるというわけです。

いわゆる甘えん坊と言われる子供に多い心理状態なのですが、甘えたくても甘えないとなるとより駄々をこねてしまう可能性が高いです。

というのも子供は基本的に素直に感情表現をする生き物であるため、なんとか甘えようといろいろな行動をするものなのです。

このような甘えたいという気持ちが、駄々をこねるという行動を子供に取らせていると言えるのです。
スポンサーリンク


何かしらの不満を抱えている

子供が駄々をこねるのは、不満を覚えている可能性が考えられます。

例えばお菓子を食べたい、おもちゃが欲しいなど、自分がしたいことをなかなかできないときに駄々をこねるのです。

つまるところ駄々をこねて母親を困らせるのは、自分の願いを叶えるための行動と言えるのです。

必ずというわけではありませんが、駄々をこねれば「仕方ない、買ってあげようかな」という気持ちに母親がなる可能性があります。

もし駄々をこねたことで母親がお菓子やおもちゃなどを買ってくれた経験が一度でもあれば、子供はそのときのことをよく覚えているものなのです。

だからこそ駄々をこねれば、今抱えている不安を解消できるかもしれないという心理が働くというわけです。

要は駄々さえこねれば、なんとかなるだろうと子供のほうは思っているということです。

自分に注目してほしい

子供が駄々をこねる心理の一つには環境の変化というものが関係しています。

例えば幼稚園への入園や引越し、転校などといったことで、今までの生活がガラリと変化することに一種の恐れを抱いているのです。

このような環境や周囲の変化によるイライラや不安感が子供の中でごちゃ混ぜになり、周囲に対して攻撃的な感情をぶつけてしまうことも珍しくはありません。

つまるところ嫌という気持ちが表面化したものが駄々をこねるという行動と言えます。

こういったタイプは親だけでなく、周囲の大人にも攻撃的になってしまうことがあります。

基本的に駄々をこねるという行動は親に向けられることが多いのですが、こと環境の変化に関してはその限りではありません。

自分の環境を変化させようとする者に対して、イライラや不安感をぶつけているのです。
スポンサーリンク


周囲の変化を恐れている

子供が駄々をこねるときの心理で最もありがちなものといえば、それはやはり「自分に注目してほしい」という状態ではないでしょうか。

たとえば、親が目の前にいるにもかかわらず、スマホばかりいじっていて自分に構ってくれないとしましょう。

当然子供は自分に注目してほしいという心理状態になるわけですが、具体的にどうすれよいのかがなかなかわかりません。

そしていよいよ煮詰まってしまい、それが駄々をこねるという行動につながるのです。

駄々をこねると、少なくとも親は何らかの反応を示すことがほとんどです。

それが、たとえ怒るという子供にとっては最悪の反応であったとしても、放置されるよりはずっとマシだと思っています。

子供が親に構ってほしいという心理を抱えるのは当たり前ですので、駄々をこねたときは、できるだけしっかりと注目してあげるようにしましょう。

自分を何とか守りたい

たとえば、急な引越しなどで自分を取り巻く環境に大きな変化があったとき。

それまでは滅多に駄々をこねたことなどなかったのに、急にそういった行動を取り始める子供がいます。

では、どうして突然駄々をこねるようになってしまうのでしょうか?

環境が大きく変化すると、たとえ大人でも不安が大きくなってしまうわけですから、それが子供ならなおさらのことです。

つまり、あまりにも大きな不安に耐え切れず、「自分を何とか守りたい」という心理が子供の中でたいへん大きくなります。

そしてその結果、ある意味大人に対して「SOSを発信するため」に、突然駄々をこねるという行動に出るわけです。

ですから、子供の環境に何か大きな変化があった場合で、なおかつ急に駄々をこね始めたときは、決して冷たくあしらうようなことをしてはいけません。
60 件
スポンサーリンク


関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供っぽい人の特徴・性格・見た目・原因と対処法

子供っぽい人の特徴・性格・見た目・原因と対処法

子供っぽい人の特徴・性格・見た目・原因と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 1,299 view
しっかり者の特徴としっかりする方法【男性・女性】

しっかり者の特徴としっかりする方法【男性・女性】

しっかり者の特徴としっかりする方法について男性と女性別にご紹介していきます。
J4U | 1,897 view
子供を捨てたいと思う人の心理的特徴

子供を捨てたいと思う人の心理的特徴

子供を捨てたいと思う人の心理的特徴についてご紹介していきます。
J4U | 144 view
包容力のある男性・女性の特徴や行動

包容力のある男性・女性の特徴や行動

包容力のある男性・女性の特徴や行動についてご紹介していきます。
J4U | 610 view
アダルトチルドレンの特徴や原因と克服方法

アダルトチルドレンの特徴や原因と克服方法

アダルトチルドレンの特徴や原因と克服方法についてご紹介していきます。
J4U | 195 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事