2016年11月16日 更新

生産性を向上させる12の方法

生産性を向上させる12の方法についてご紹介していきます。

81 view お気に入り 0

生産性を向上させる方法

同じ作業を自動化する

生産性を高める方法として代表的なものは、同じ作業を自動化することです。

自動化とひとくちに言っても色々あります。

個人の自動化といえばマニュアル化になるでしょうし、企業でいえば機械化・オートメーション化を指すでしょう。

しかしいずれにしても、同じ作業を一つのパターンワークにしてしまい、高速化を図ることが重要です。

この高速化、というのが鍵です。

生産性を高めるには、単純に生産速度(あるいはタスクの処理速度)を高めるのが、一番手っ取り早いということがおわかりいただけるでしょう。

この手法として自動化というのはとても有効です。

例えばアルバイトのレジ業務は、最初こそ戸惑いがちですが、やっているうちに段々とスピーディになってきますよね。

あれは作業の手順が決まっているから、次第に慣れていき、速くなっていくのです。

もし毎回違う手順で行ったり、高度な応用力が求められるものなら、そうそう高速化はできませんし、修練が必要になるでしょう。

このように、生産性を高めるには自動化が有効な方法の一つなのです。

複数のタスクを同時に行わない

複数のタスクを行わないことが、生産性を高める方法として挙げられます。

人間はマルチタスクには向いていません。

二つ以上の作業は基本的にできませんし、脳に大きな負荷をかけると言われています。

したがって同時にいくつかのタスクを抱えてこなしていくのは、あまり効率が良いことではないんですね。

といっても仕事をやっていれば同時にいくつものタスクを処理していかなければならないこともあるでしょう。

そんなときでも、できることなら、タスクは一つずつ処理していったほうが効果的です。

よく言われることは、簡単なタスクから完了していくこと。

とにかくタスク量を減らすことを優先的に考えて作業するわけです。

タスクが減ることで心にゆとりができますし、大きなタスクに集中することができますからね。

生産性を高めるなら、複数のタスクをなるべく同時に行わず、一つに集中したり、数を減らすようにしましょう。

他人の力を頼ってみる

スポンサーリンク


生産性を高めるには、他人に頼ることも大事です。

そもそも人が一人で出来ることには限界があります。

企業にしたって、仕事にしたって、物づくりにしたって、自分ひとりで出来ることなどそう多くはありません。

他人に頼ったほうがいい場合というのは、主に、以下の二つのケースです。

一つは、誰でも出来る簡単な作業の場合。

複雑なものでなければ、誰がやっても同じようなクオリティになるので、自分がやらなくとも構いません。

積極的に他人に依頼しましょう。

もう一つは、それぞれの得意分野を活かせる場合。

やろうと思えば自分ひとりでもできるが、他人に頼ったほうがずっと素早く、良いものができるといった場合。

例えば絵本を作るとき、自分はシナリオが得意だけれど絵が苦手というなら、絵についてはイラストが得意な人に頼んだほうがいいでしょう。

そのほうがずっと早く、クオリティの高いものができます。

このように他人に頼ることで効率化が図れる場合は、素直に頼ったほうが生産性は高まるのです。

適度に休んでリフレッシュする

生産性を高める方法として忘れられがちなのが、「休むこと」です。

人間は長時間、集中して同じ作業を行うことは難しいです。

集中力の持続時間については色々な見解があって定かではないですが、確実に言えることは「それほど長くない」ということ。

つまり休みなしでぶっ通しでやり続けたとしても、量はこなせるかもしれませんが、非常に効率の悪い作業になってしまうということです。

これは仕事だけでなく、スポーツやクリエイティブでも同じことが言えます。

スポーツでは「休むことも練習だよ」と言われることがありますよね。

その意味は、身体は疲れていてパフォーマンスが落ちているのに、そんな状態で続けても高い練習成果は得られないよということです。

またクリエイターはプロと呼ばれる人ほどガス抜きが上手いです。

できないときはとことんできないということを知っているからです。

そこでもし無理やり続けてしまうと、自信を失いスランプに陥ってしまうことにもなりかねません。

休むことというのは、仕事でも、勉強でも、もちろんスポーツやクリエイティブでも、大事な作業の一つ。

生産性を高めるには、「上手く休むこと」も重要なのです。
スポンサーリンク


だらだらとやらない!予定をたてて行動する

メリハリのない作業をだらだらと続けていては、ただ時間を使うだけで生産性は向上しません。

しっかりと予定をたててその通りに行動することで、人は自分の力以上に実力を発揮できるようになるのです。

ただ惰性で動いていると、一つの仕事に対して必要となる時間が増えるので、多くの結果を残しても費用対効果に見合わないということがあります。

初めから最適な方法を考案しておけば、常に生産性を意識した行動ができるでしょう。

しかしあまりに効率を求めすぎて、実現不可能な予定をたてないようにしてください。

予定通りにいかないと人間はイライラして、余計に生産性が下がります。

無理のないプランが実行力につながり、最終的に高い生産性を手に入れることにつながります。

適当に仕事を始める前に、まず自分にあった予定を考えてみましょう。

誘惑をはねのける?集中できる環境を作ろう

生産性を向上させるには、高い集中力を維持することが求められます。

そのためには、集中を乱すものをできるだけ排除した環境を整える必要があるでしょう。

自分を誘惑するものが周囲にあると、人はどうしても意識を引っ張られてしまいます。

作業をする場所とリラックスする場所は、完全に別にする方が生産性は上がっていくでしょう。

集中力を高める方法は人それぞれです。

音楽を聞いたり、ガムを噛んだりすることで集中力が上がるのなら、どんどん取り入れていくようにしましょう。

一般的には邪魔になると思われるものでも、自分の体質に合っているのなら問題はありません。

他人ではなく、自分自身が納得のいく環境を作ることを目指してみましょう。

集中力を鍛えることができれば、生産性はさらに向上し、その結果はあなたの自信になります。

相乗効果を期待して、まずは自分の環境を見直してみましょう。
31 件
スポンサーリンク


関連する記事 こんな記事も人気です♪

何も考えない人の特徴と何も考えない方法やコツ16選

何も考えない人の特徴と何も考えない方法やコツ16選

何も考えない人の特徴と何も考えない方法やコツについてご紹介していきます。
J4U | 239 view
仕事運がアップする方法とグッズ16選

仕事運がアップする方法とグッズ16選

仕事運がアップする方法とグッズについてご紹介していきます。
J4U | 144 view
慕われる先輩の特徴と慕われる人になる方法12選

慕われる先輩の特徴と慕われる人になる方法12選

慕われる先輩の特徴と慕われる人になる方法についてご紹介していきます。
J4U | 291 view
疲れが抜けない原因と対処法16選

疲れが抜けない原因と対処法16選

疲れが抜けない原因と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 105 view
没頭する人の特徴や性格と没頭できる仕事や趣味の見つけ方

没頭する人の特徴や性格と没頭できる仕事や趣味の見つけ方

没頭する人の特徴や性格と没頭できる仕事や趣味の見つけ方についてご紹介していきます。
J4U | 232 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事