2016年8月8日 更新

感受性が強い原因9つ

感受性が強い原因についてご紹介していきます。

9,945 view お気に入り 0

感受性が強い原因

感受性が強い原因1 親からの遺伝によるもの

感受性の強さというのは、親から遺伝することがあります。

両親の性格を思い返してみてください。

他人の気分に左右されることが多かったり、環境の変化に敏感だったり、映画や音楽など芸術で感動することが多かったりしませんか?

これらは感受性の強い人に見られる典型的な特徴です。

もしもあなたの両親にこれらの特徴がみられるのであれば、あなたの感受性の強さは両親から遺伝したものである可能性が高いでしょう。

遺伝性の場合には、もって生まれたものですから、完全に治すというのは困難です。

しかし、考え方を整理したり工夫することで、感受性の豊かさを抑えることも可能です。

感受性が強い原因2 自尊心が低いことが原因

自分自身の評価があまりに低い、自分に自信がないといったことが潜在的にある場合には、感受性が強くなりやすい傾向にあります。

自分自身を認めてあげることが出来ないため、自分よりも他人の意見を優先してしまうのです。

こうしたいという思いがあるのに、相手のことを考えると行動に移せない、発言できない。

自分の意見を言うつもりだったのに、相手の反対意見を聞いたら言い出せない。

こういった事柄は、自尊心の低さからくる感受性の強さに起因するものです。

自分に自信が持てるようになれば、相手の意見に振り回されず、自分の考えを強く持てるようになります

感受性が強い原因3 周囲に認められないことが不安

感受性が高い人は、どんな人とでも打ち解けられやすく、また信頼されやすいので相談事をよく受けるという特徴があります。

しかし、これらの背景には、周囲に認められたい、認められないと不安だという気持ちが隠れていることも。

自分の意見を押し通すことで、周りからどのように思われるのかということが頭をよぎってしまう結果、他人の気持ちを必要以上に汲み取ってしまいやすいのです。

一見すると相手の気持ちに寄り添っているように見えますが、実際のところは、自分の心に無理が生じていることが多いもの。

知らず知らずのうちに、精神的なストレスをためてしまいがちです。

感受性が強い原因4 もともと感受性豊かだったわけではない

感受性が強い人は、ある年齢までに家庭や過ごした環境によって身につけられたのが原因だとは言い切れません。

大人しい性格な人に多いように見受けられますが、もともと活発ではっきりとものを言える人や、平気で人を傷つける人がある出来事をきっかけに大人しくなり、感受性のある人間になっていった可能性もあります。

幼稚園時代に、平気で人をいじめる子だったのに、いつもは優しいはずの親や恐れていた先生からきつく注意を受けたことがよほどのショックだったのでしょう。

また、クラスのムードメーカーで、学校や会社を一度も休んだこともなく、作業も器用で完璧だった人が、職場の解雇を機に精神性の病を発し、療養して行く中で思いやりの気持ちを持ち始めたと言う事も考えられます。

感受性が強い原因5 ドラマや読書が大好きだった

感受性が強い人は、内向的な性格の人に多く、人間関係も消極的だったり、受け身で相手に合わせる傾向があります。

人に気を使ったり、相手を立てないといけないと考えているため、なかなか自分の意見を言う機会が少ないため、あまり相手に気を使う事のないひとりで楽しめる時間を大切にします。

なかでも、ドラマや演劇、映画、読書など、ストーリー仕立ての物語やロールプレイゲームを好みます。

現実逃避はよくないとわかっていながら、自分と性格が似ている主人公や登場人物に自信を重ねて、一緒にその世界を生きている気分になります。

自分とその人物は似たもの同士な為、気持ちがわかるわけで、実際の生活でも自分と似た考えを持った人に共感しやすくなるのです。

感受性が強い原因6 家庭環境が一番関係している

人の人格は20歳を前にして形成されると言います。

学校や職場での環境は勿論の事、よく言われるのが家庭環境など幼い頃の生い立ちや親の影響が一番強いことでしょう。

親のどちらかが自分の気持ちを押し込め、人の顔色をうかがい、相手に染まりやすい神経質な性格だったり、物事を良く見極めて慎重に行動するまじめタイプだったことがそのまま遺伝したのでしょう。

特に、無意識のうちに相手の顔色を見て行動するのが積み重なると、相手の話を自分に置き換えて考え、擬似体験している気持ちになり、共感しやすい体質になっていったのでしょう。

感受性が強い原因7 遺伝でも現れる感受性

感受性が強い人の特徴としては、細かいところに気付きやすいことだと思います。

したがって、芸術関係の仕事をしている人は、感受性が強くなる傾向があります。

このような、芸術関係の仕事をしている人たちの子供もまた、同じような仕事をすることがありますが、これは間違いなく遺伝です。

そもそも、親の性格も子供に似てくるということがよく言われますから、感受性が高くなる原因の一つと数えられるのではないでしょうか。

また、子供の時から、周囲の人たちが感受性が高かったら、そのような環境の影響を受けるでしょう。
21 件


関連する記事 こんな記事も人気です♪

精神力が強い人・弱い人の特徴と精神力の鍛え方

精神力が強い人・弱い人の特徴と精神力の鍛え方

精神力が強い人・弱い人の特徴と精神力の鍛え方についてご紹介していきます。
J4U | 1,988 view
感受性が強い人の特徴9つ

感受性が強い人の特徴9つ

感受性が強い人の特徴についてご紹介していきます。
prismagicwonderland | 1,943 view
誇大妄想の症状や原因と治し方・治療方法

誇大妄想の症状や原因と治し方・治療方法

誇大妄想の症状や原因と治し方・治療方法についてご紹介していきます。
J4U | 239 view
自己主張が強い人の特徴や心理と付き合い方

自己主張が強い人の特徴や心理と付き合い方

自己主張が強い人の特徴や心理と付き合い方についてご紹介していきます。
J4U | 1,414 view
強気な人の特徴と強気になる方法

強気な人の特徴と強気になる方法

強気な人の特徴と強気になる方法についてご紹介していきます。
J4U | 1,976 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

prismagicwonderland prismagicwonderland
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事