2016年7月19日 更新

ポジティブになれる言葉9つ

ポジティブになれる言葉についてご紹介していきます。

193 view お気に入り 0

ポジティブになれる言葉

ポジティブになれる言葉1 やってやれないことは無い

つまりはやれば何でもできるということです。

ポジティブになれない人達にありがちなのが、「やろうとしない」ということなのです。

まずやろうとしなければ何も始まりません。

やろうとして動き出すことから何でも始まるのです。

そして前向きに考えて、「できる」という気持ちで物事に取り組むのです。

この前向きに取り組む姿勢は、自然と一生懸命物事に取り組むスタンスが備わってくるので、仮に上手くいかなくても後悔等なく、むしろ次回に向けての改善点を自然と導き出してくれるのです。

そうすることで何度か繰り返していくうちに色々とできるようになるのです。

ポジティブになれる言葉2 ひとは誰でも一人なのだ

一見さびしい感じの言葉に見えますが、とてもポジティブになれる言葉なのです。

人はどんなに沢山の家族や友達がいても、行動するにあたって選ぶのは自分なのです。

どんなに周りの意見に左右されたとしても、その意見に左右される人間は自分なのですから、決めるのは自分なのです。

人は産まれてくるときも死ぬときも一人です。

そこを原点に考えて自分の選んだ道を信じて真っ直ぐと進んでいけば、たとえ間違いでも途中で気づいたり教えてもらったりして戻ることはできます。

周りの人達もみな一人なのだということ考えて頑張ってみましょう。

ポジティブになれる言葉3 人生は1度だけなのだから、好きなことをしよう

本当に人生は1度だけです。

やり直すことはできない、だからこそ人は真剣に物事を考えて前に向かっていくのです。

1度であれば他人に迷惑を掛けない事を前提に、何でも好きなことをするべきです。

そうすることで日々の人生におけるモチベーションもかなり上がっていけます。

せっかくの人生なのだらから、嫌なことをやり続けるのでは無く、やりたいことや好きなことをやっていきましょう。

例え家族の為には嫌いな仕事をやめられない状況であっても、休みの日には趣味にはしるとか、やりたいことをすることに対して認めてもらう様に話をするとか、お金がかかるのであればフリーでできることを探してみるのも大事です。

ポジティブになれる言葉4 一呼吸おいて「ちょっと待って」

何かトラブルが起きた時、何かに悩んでどうしたら良いか分からない時、考えこむ前にまず一呼吸おきます。

心の中で「ちょっと待って」と考え込む自分にストップをかけます。

誰かの相談にのったり、どうしたらいい?と聞かれた時も同様です。

いきなり「どうしよう」と考え始めてしまうのではなく、「ちょっと待って」とストップしてみましょう。

その一言の間に今の状況を整理していきます。

どんなトラブルなのか?

原因は何なのか?

どうすることでそのトラブルが解決となるのか?

究極に悩んでしまった時、自己嫌悪になっている時なども同じです。

何がそんなに悩む原因なのか?

どうして自分がそんなに悩んでいるのか?

これから先のことを考える前に、まずは「ちょっと待って」と現状の把握をしてみましょう。

ポジティブになれる言葉5 状況が整理できたら「大丈夫」

どうしようかと考え込む前に現状の把握ができたところで、次の言葉は「大丈夫」です。

何がどう大丈夫なの?

大丈夫じゃないからトラブルが起きてるのに、悩んでいるのに、と思ってしまわないでください。

だってどんなトラブルも悩み事も、きっと「大丈夫」なのです。

具体的に何が大丈夫なのか、そんなことまで考えなくて良いのです。

目の前で起きたトラブルも、原因がはっきりしてしまえば解決まではあと少しです。

だから大丈夫なのです。

悩み事もあなたが考える必要があることは何なのか、それさえ分かれば大丈夫です。

ポジティブになれる言葉6 行動の前に「私ならできる」

「ちょっと待って」と現状の把握をしました。

その状況は「大丈夫」だと確認しました。

ではトラブルを解決しにかかります。

どうやって解決しようか、考えても分からない時もあるでしょう。

そんな時には「私ならできる」と言い聞かせてみましょう。

大丈夫だと思ってみたけど、やっぱりダメかも、と心が折れそうになる時もあるでしょう。

それでも、そんな時こそ「私ならできる」と何度でも言い聞かせてください。

信仰的な話になりますが、神様は乗り越えられる試練しか与えないとよく言います。

その言葉を信じて、今目の前に起きているトラブルは「私ならできる」試練なんだと捉えていきましょう。

ポジティブになれる言葉7 チャレンジして失敗を怖れるよりも、何もしないことを怖れろ。

本田技研工業の創業者、本田宗一郎さんの言葉です。

仕事にしても育児にしても、何かをすれば失敗は付き物です。

しかし、その失敗を恐れていては、何も成し遂げることはできません。

失敗をしない方法はただひとつ「何もしないこと」だからです。

失敗をすれば落ち込んでしまうのは、人間ならば仕方のないことでしょう。

ですが、それで人生が終わってしまったわけではありません。

実際、本田さんの人生にも数多くの失敗はありました。

それでも「何もしないことを怖れて」きたからこそ、現在のホンダがあるのです。

失敗したときこそ前向きになって、ポジティブな気持ちで次の成功を目指すべきなのです。
21 件
スポンサーリンク


関連する記事 こんな記事も人気です♪

頑張ってる人の特徴や頑張ってる人を馬鹿にする人の心理

頑張ってる人の特徴や頑張ってる人を馬鹿にする人の心理

頑張ってる人の特徴や頑張ってる人を馬鹿にする人の心理についてご紹介していきます。
J4U | 860 view
前向きになれる言葉9つ

前向きになれる言葉9つ

前向きになれる言葉についてご紹介していきます。
prismagicwonderland | 329 view
肝が据わってる人の特徴と肝が据わる方法16選

肝が据わってる人の特徴と肝が据わる方法16選

肝が据わってる人の特徴と肝が据わる方法についてご紹介していきます。
J4U | 1,276 view
イラッとする男女の特徴や言葉とイラッとする人への対処法16選

イラッとする男女の特徴や言葉とイラッとする人への対処法16選

イラッとする男女の特徴や言葉とイラッとする人への対処法についてご紹介していきます。
J4U | 349 view
男子・女子がキュンとする言葉やセリフ16選

男子・女子がキュンとする言葉やセリフ16選

男子・女子がキュンとする言葉やセリフについてご紹介していきます。
J4U | 781 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

knk4111230-ec knk4111230-ec
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事