2016年12月14日 更新

貫禄のある人の特徴と貫禄をつける方法16選

貫禄のある人の特徴と貫禄をつける方法についてご紹介していきます。

1,525 view お気に入り 0

貫禄のある人の特徴

自分に自信を持っている

自分に自信を持っている人、特に勉強や仕事などで何かをやり遂げた経験がある人は貫禄があります。

貫禄はその人のそれまでの人生経験の証でもあります。

それは、何かに全力で打ち込んで切磋琢磨した経験があり、自分の個性を理解して自分を受け入れている人です。

周囲の人達もそういう経験を持った人物には尊敬の念を持って接するので、そうするとさらにその人は貫禄が出てくることでしょう。

自分に自信がある人ほど他者には優しくできる余裕がありそれも貫禄です。

話をしていても今までの経験が裏づけされた自信で、話す言葉一つ一つ説得力も持っています。

自分は人とは違う、自分はやればできるという自信がみなぎっています。

人前でスピーチする機会があっても堂々と臆することなく話すことができ、その姿も貫禄に繋がっていきます。

大きな声で滑舌よく話す

人と話をする時は、大きな声で滑舌良くハキハキとした話し方をする人が多いようです。

これも自分への自信から来るものかも知れません。

相手のことを考えて、相手に理解してもらおうとしながら話すことで、相手側からはその存在感を認識してもらうことができます。

人前でのスピーチや講演を聞いて、引き込まれるような魅力のある人っていますよね。

そんな人からはとても存在感を感じます。

お話を聞いた後にも印象に深く残り、次に会った時にもしっかりと覚えていることでしょう。

その存在感も貫禄の要素の一つで、人としての魅力でもあります。

一対一で話をする時には、要所要所で目を見て話をすることで相手に伝えようとする気持ちがうかがわれますし、正直な印象が残ります。

「貫禄」というと恰幅の良いイメージと直結してしまい勝ちですが、そういった態度の面での印象も大きく関わります。
スポンサーリンク


姿勢が良く、堂々としている姿

猫背でしょぼんとしている人を見て、「貫禄がある」とは思いにくいでしょう。

やはり、背筋を伸ばして姿勢が良く堂々としていると貫禄があります。

それは、自分に自信があり、様々な経験をしている内面から出ているのかも知れません。

よく、太っていると「貫禄がある」と思われやすいようですが、やせていても堂々と胸を張っていることで貫禄は出ます。

また、背が高くなくても、やはり堂々と胸を張っている方は貫禄があります。

必ずしも高い服である必要はありませんが、服はキチンと着ていることも大切です。

ヨレヨレの服であったり、シャツがはみ出しているようなありさまでは頼りないイメージになってしまいます。

貫禄は堂々として頼れるイメージから直結しますので、襟を正して服を着ていることも要素の一つとなります。

おおらかで明るい性格

心に余裕があり、小さなことでイライラすることはありません。

それは、おおらかで明るい性格であることを表しています。

周囲に気を配り、周りの人達を明るくする力を持っています。

人を受け入れる大きな器があるので、精神面での余裕が「貫禄」をもたらします。

大きな器は、やはり今までの経験や自信からも出てくるものでしょう。

ものごとの変化に対しても慌てることが無く、冷静に対応することができます。

慌てている人に貫禄は感じないですよね。

ものごとに動じない姿というのが周りからの信頼を受けることとなり、さらに心の余裕へと繋がっていきます。

そういった良い循環の中で堂々とした振る舞いができるので「貫禄」があるように見られることでしょう。

自信のおおらかで明るい性格が周りを上手く循環させているのです。
スポンサーリンク


ゆっくりと落ち着いた口調

貫禄のある人は、低音でゆったりとした話し方をする傾向にあります。

ゆったりと落ち着いた話し方をすることで説得力も増しますし、自信がみなぎっているように見えますよね。

逆にいくら根拠のある内容でも早口でペラペラとまくしたてるような口調では薄っぺらく感じてしまいますし、軽薄に感じてしまうものです。

また落ち着いた口調の人というのはその物腰も同じように落ち着いており、どこかに余裕が感じられるものです。

こうした余裕のある態度こそが周囲から見れば貫禄があるという風に見えるのですし、実際に心に余裕があるのです。

そもそも貫禄のある人はいかなる状況でも慌てることなく冷静に対処をします。

そしてそれは口調にも表れており、低音で聞き取りやすい話し方をすることで周囲にプレッシャーを与えると同時に親しみをも感じさせることができるのです。

姿勢が良くて体が大きく見える

一般的に貫禄があるというと体の大きい人、いわゆる恰幅の良い人をイメージしますよね。

そしてこれは決して間違ったイメージではありません。

落ち着いた物腰で堂々としていても、小柄な人を貫禄があるとはあまり言いません。

やはり大柄でどっしりとした体躯の人の方が、貫禄があるという言葉をピッタリ当て嵌めることができます。

ですから一般と比較して、やや体の大きいことが貫禄のある人の特徴の一つだと言えます。

ただし、これはあくまでも姿勢が良い場合です。

いくら大柄でも自信なさげに俯いてばかりだったり猫背気味に背中を丸めてばかりいる人は、貫禄があるとは言えません。

また別の見方をすれば姿勢が良いからこそ体が大きく立派に見えるとも言えますから、どちらにしろ姿勢が良くなければ貫禄がある人とは呼べないということができそうです。
39 件
スポンサーリンク


関連する記事 こんな記事も人気です♪

誰にも会いたくない時の心理と対処法16選

誰にも会いたくない時の心理と対処法16選

誰にも会いたくない時の心理と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 685 view
気が合う人の特徴と気が合う人がいないときの対処法12選

気が合う人の特徴と気が合う人がいないときの対処法12選

気が合う人の特徴と気が合う人がいないときの対処法についてご紹介していきます。
J4U | 457 view
自分の心を開く方法と人の心を開く方法

自分の心を開く方法と人の心を開く方法

自分の心を開く方法と人の心を開く方法についてご紹介していきます。
J4U | 1,068 view
心を閉ざす人の特徴・心理・恋愛と心を閉ざす方法

心を閉ざす人の特徴・心理・恋愛と心を閉ざす方法

心を閉ざす人の特徴・心理・恋愛と心を閉ざす方法についてご紹介していきます。
J4U | 2,297 view
人のせいにする人の心理や人のせいにする人への対処法や治す方法

人のせいにする人の心理や人のせいにする人への対処法や治す方法

人のせいにする人の心理や人のせいにする人への対処法や治す方法についてご紹介していきます。
J4U | 1,076 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事