2016年11月5日 更新

柔軟性がある人・柔軟性がない人の性格や特徴

柔軟性がある人・柔軟性がない人の性格や特徴についてご紹介していきます。

442 view お気に入り 0

柔軟性

【目次】
・柔軟性がある人の性格や特徴
・柔軟性がない人の性格や特徴

柔軟性がある人の性格や特徴

決まりに縛られない

柔軟性がある人は、決まりに縛られることがありません。

例えば、何かのポスターを作ることを学校や職場で頼まれたとします。

そんな時、多くの人であれば、パソコンのワード機能で作成してみたり、画用紙に必要事項を記入してみたりするでしょう。

しかし柔軟性がある人は、例えば折り紙を千切り始めて紙を作るところから始めてみたり、立体的なポスターを作ってみたりという行動に出ます。

つまり、「ポスターとはこういうもの。」という決まりやイメージに縛られずに、自分の発想でその時その時を過ごしているのです。

また、誰かと待ち合わせをした時、待ち合わせ時間に遅れないことが当然なことです。

しかし、待ち合わせ時間になっても相手が現れない場合でも、怒ることなく、自分のしたいことを探して待ち続けることができます。

この場合は、「待ち合わせ時間は遅れないもの。」という決まりに縛られていないということになるのです。

決まりを作ることをしない

柔軟性がある人は、自ら決まりを作ったり、制限時間を設けたりすることをしません。

例えば、何かの資料の作成を行う時、必要最低限の情報を加えるだけで終える…ということをしません。

決められた時間の中で自分ができる力を全て発揮するのです。

つまり、「ここまでやったら完成。」という決まりを作らないのです。

また逆に、誰かに何かを頼む時には、時間制限を与えません。

その相手の能力を信じて、その相手の理想になるまでに仕上げたものを見てから、その次の進み方を考えるのです。

決まりを作らないようにすることで、より良いものを作ろう、より良い生活をしよう、という気持ちが込められているとも言い換えることができます。

柔軟性がある人は、自分でも気がつかないうちに、より良い道を選び、充実した人生を送っているのです。
スポンサーリンク


いつも余裕を持った行動をしている

柔軟性がある人は、いつでも余裕を持った行動をしています。

柔軟性があるということは、普段とは違う行動をぱっとしたり、臨機応変に対応したり、人の意見をうまく取り入れたものを考え出したりといったことができるということになります。

こういった行動は、余裕がなければできるものではありません。

例えば、納期が迫っていたり、イベントの直前で大きなミスが発覚したりするような行動をしていたら、余裕は生まれません。

柔軟性がある人は、いつでも余裕を持った行動をしていて、早め早めに行動を始めています。

そのためには、今思いついたことを今のうちにやっておく…という習慣がついています。

そうしてためておけば、新しい何かを考えなければならない時に、あらかじめ考えてストックしておいたものの中から選んですぐさま実行に移せるのです。

またもちろん、そのおかげでいつでも余裕があり、そのため、何度も確認できるため、大きなミスにはすぐに気がつくことができるのです。

変化があって当然だと考えて過ごしている

人生は変化があるものだと常に思いながら過ごしている人は、柔軟性がある人です。

柔軟性がない人は、自分の中で、これはこういうもの、これはこうしなければならない、という気持ちがあることによって、変化に対応できない状態を作り出してしまっているのです。

変化があって当たり前だという気持ちで全てのことに取り組んでいれば、例えばせっかく考えたプランがパーになっても、すぐに前向きに新たなプランを考え出すことができます。

柔軟性がある人は、寧ろ変化を楽しみ、変化に対して自分がどれだけの力を発揮することができるのか、ということにワクワク感を持っているのです。

変化がない日常はつまらなくて、生きている意味がないとさえ感じています。

人生は変化があって当然、変化があるからこそ楽しいのだ、という気持ちで日々を過ごすことができているということが、柔軟性がある人の特徴なのです。

嫌いな人や嫌いなものが少ない

柔軟性がある人の特徴として、嫌いなものがあまりないということがあげられます。

あなたの周りの柔軟性がない人を思い出してもらうと分かると思うのですが、一つの考えに凝り固まるような柔軟性のない人は、とにかく嫌いな人や、嫌いなものが非常に多いのです。

考え方に柔軟性がないと、「あの人は○○だから嫌い。」、「あの人の行動を見ていると腹立たしい。」、「○○は食べたことないけど、まずそう。」、「○○ってくだらなさそうだよね。」などと、会話がマイナスのオンパレードになり、あれも嫌、これも嫌という不満ばかりたまってしまいます。

ですから、柔軟性がある人は、柔軟性がない人と全く正反対で、滅多なことがない限りは物や人を批判したりしません。

寧ろ、新しいことに興味を持って情報を収集したり、知らない人にも興味を持って話しかけたり、食べたことがない物に対しても食べてみたいという気持ちがわきます。

柔軟性がある人は嫌いな物が少なく、好きなものを増やそうとする傾向にあります。

いろいろな趣味を持っている

40 件
スポンサーリンク


関連する記事 こんな記事も人気です♪

誰にも会いたくない時の心理と対処法16選

誰にも会いたくない時の心理と対処法16選

誰にも会いたくない時の心理と対処法についてご紹介していきます。
J4U | 778 view
貫禄のある人の特徴と貫禄をつける方法16選

貫禄のある人の特徴と貫禄をつける方法16選

貫禄のある人の特徴と貫禄をつける方法についてご紹介していきます。
J4U | 1,703 view
気が合う人の特徴と気が合う人がいないときの対処法12選

気が合う人の特徴と気が合う人がいないときの対処法12選

気が合う人の特徴と気が合う人がいないときの対処法についてご紹介していきます。
J4U | 499 view
自分の心を開く方法と人の心を開く方法

自分の心を開く方法と人の心を開く方法

自分の心を開く方法と人の心を開く方法についてご紹介していきます。
J4U | 1,144 view
心を閉ざす人の特徴・心理・恋愛と心を閉ざす方法

心を閉ざす人の特徴・心理・恋愛と心を閉ざす方法

心を閉ざす人の特徴・心理・恋愛と心を閉ざす方法についてご紹介していきます。
J4U | 2,722 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事