2016年12月20日 更新

やることがないときの対処法12選

やることがないときの対処法についてご紹介していきます。

180 view お気に入り 0

やることがないときの対処法

外に出てアテもなく歩いてみる

何もやることがない時間というのは、ある意味苦痛でもありますよね。

ただぼんやりしているだけというのも限界がありますし、時間をムダにしている感じがする点もいただけません。

そんなときおすすめになる対処法が、「外に出てアテもなく歩いてみる」というものになります。

ただブラブラ歩いているだけでは何も解決しないよ…と思う人もいるかもしれませんが、実は全くそんなことはありません。

なぜなら、たとえ何のアテもなく外を歩いているだけだったとしても、そこには必ず「新しい発見がある」からです。

そしてその発見は、どんな些細なことでも構いません。

何もやることがない状態というのは、つまり「何か考えるためのネタがない」という状態なのですから、そのネタさえ仕入れてしまえば、それだけで簡単に解消できるものなのです。

インターネットを利用してさまざまな情報に触れてみる

ひと昔前であれば、何もすることがない時間というのは、本当にただのムダな時間でしかありませんでした。

しかし、現在は決してそんなことはありません。

なぜなら、インターネットの普及が進んだからです。

ですから、もしも何もやることがなくて手持ち無沙汰だったとしても、「インターネットを利用してさまざまな情報に触れてみる」という方法を使えば、その悩みは一瞬で解決することができるでしょう。

そのとき触れる情報は、もちろんどんなものでも構いません。

興味のある芸能人についての情報でもいいですし、気になっている新作ゲームの情報でもよいのです。

そしてさらに、新たな情報を得ることによって、自分の興味の幅が広がるケースもあります。

興味の幅が広がれば、そもそも何もすることがないという状況になりにくくもなるため、この対処法はたいへんおすすめです。
スポンサーリンク


将来についてじっくり考えてみる

何もすることがないという状態は、実は非常にもったいない状態です。

せっかく暇があるわけですから、何か有効なことに使えるよう工夫をしなければなりません。

ですからそんなときは、普段なかなか考えないようなことをじっくり考えてみるようにしましょう。

たとえば、「将来についてじっくり考えてみる」といった方法がおすすめです。

毎日頭の中で自分の将来について考え込んでいる人はあまりいないでしょうから、何もすることがない時間を上手く利用して、そういった大切なことを頭の中に巡らせてみましょう。

もしかするとこれまで思いもつかなかったアイディアが湧いてくるかもしれませんし、何もすることがなくただぼんやりとしているよりは、時間をずっと有意義に使うことが可能です。

何もすることがなくて困っているという人は、ぜひ実践してみてください。

何も考えずとにかく寝てみる

何もすることがないときの対処法として、最も優れているものといえば何でしょうか?

それはズバリ、「何も考えずとにかく寝てみる」という対処法になります。

そもそも人間が何もすることがないと感じているときは、思考力もかなり低下しているものです。

そしてそんな頭がスッキリしない状態で何か行動を起こそうとしても、たいていの場合は上手くいきません。

ですから、頭の中をリセットしたり気分を一新したりするためにも、とにかく寝てみるという対処法が非常に有効になるのです。

もちろん寝るとはいっても、何も長時間である必要はありません。

ちょっとだけ横になるぐらいでも問題ないですし、それもできないような状況であれば、少しの間目を閉じているだけでも構わないのです。

まずは頭と心を落ち着けて、何かをしようというやる気が出るよう自分を持っていきましょう。
スポンサーリンク


人が多く集まる場所に出掛ける

なにもやることがない時、時間を持て余してしまうようなら人が多く集まる場所に出掛けるといいでしょう。

人が集まる場所には様々なタイプの人間がいます。

そういう人達のことを観察していると面白いですし、自分に良い影響を与えることもあるのです。

例えばファッションやヘアスタイルなど、きっと参考にできるような素晴らしいセンスを持った人に出会えるでしょう。

女性ならメイクを参考にできる人もいるかもしれません。

人が集まる場所だからこそ、自分が惹かれるセンスを持つ人間に出会えるのです。

良い刺激を受けて、次の日からはほんの少し自分が変わるでしょう。

やることがないからとボーっとしていては時間がもったいないのです。

やることがない時は勉強する時間だと思って、刺激を受けるために人が集まる場所を目指して出掛けましょう。

部屋の掃除をしてみる

やることがない時は部屋の掃除をするチャンスです。

ずぼらな人は特にやるべきですね。

ずぼらな人は毎日少しずつ掃除をするのが苦手なので、やることがない時に仕方なくやるぐらいしか掃除をする機会がありません。

掃除を始める前は面倒ですが、掃除が終わってみるとすっきり綺麗になった部屋に満足できるでしょう。

毎日きちんと掃除をしている人も、気になる場所を掃除したり部屋の模様替えをしたりして居心地の良い部屋をつくるといいですね。

部屋が乱れは心の乱れです。

やって損はないので、面倒だからと嫌がっていないで簡単な掃除からスタートしましょう。

その気になってくれば真剣に掃除をするようになりますし、あっという間に一日が終わっています。

そして綺麗になった部屋で快適に生活できるのです。

とても良い時間の使い方だと言えるでしょう。
31 件
スポンサーリンク


関連する記事 こんな記事も人気です♪

暇なときの過ごし方9つ

暇なときの過ごし方9つ

暇なときの過ごし方についてご紹介していきます。
knk4111230-ec | 112 view
暇すぎる休日の過ごし方9つ

暇すぎる休日の過ごし方9つ

暇すぎる休日の過ごし方についてご紹介していきます。
knk4111230-ec | 235 view
仕事が暇なときにすること9つ

仕事が暇なときにすること9つ

仕事が暇なときにすることについてご紹介していきます。
knk4111230-ec | 184 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

J4U J4U
スポンサーリンク

おすすめの記事

今注目の記事